Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。


 

大寒波直撃の熊本でBRIST VENDAVAL10.1Mを使ったエクストリーム釣行!

time 2020/03/13

こんにちは!AUXの木村です。
今回は広島を飛び出し、九州は熊本へと足を運んできました。
少しでも暖かいところへ行きたいと思い今回の遠征を組みました。
そして今回の遠征での目的はショアからのブリやタイ、瀬戸内では出会えないヒラスズキにも出会えたら…なんていうことで行ってきました!

今回はBRIST VENDAVAL10.1Mをメインロッドとし、釣りをしました。
色々な方とお会いしお話をお伺いしたところ、熊本ではBRIST MARINO10.6MHを使用してくださっているアングラーさんが多いみたいでとても嬉しく思いました!
ベイトはかなり小さいものの、デカイ魚もショアから撃てる範囲に回ってくる。
そんな熊本でBRIST VENDAVAL10.1Mが通用するのか、ワクワクしながらその時を迎えました。

そしてついに始まった熊本釣行。
朝から色々な磯をランガンしていく。
この時10フィートを超えるロッドを3ピースに分解し、コンパクトに持ち運べるのはFishmanロッドのいいところ!

歩いたり、少しだけ泳いだりし、ついにボイルが連発するポイントにたどり着く。
遠投し流れのよれを攻めているとついにヒット!
首の振り方からして青物の引き!
熊本での最初の大物ということもあり無理はせず、ロッド全体を曲げつつバットのパワーで浮かせていきランディング。
VENDAVAL10.1Mでも通用しました!!
ブリ
ブリ

そして翌日からにも期待!と行きたかったのですが、雪が降らない熊本でも雪やあられが降るほどの大寒波襲来…。
ヒラスズキを狙いたい!と思いましたが逆に荒れすぎて危険なほどに…。

そこでブリを釣り上げたポイントの近くで再び青物やマダイを狙うことに

入ったポイントは大きな岩が多数沈み、その周りでボイルが起こっている状況。

ベイトが表層を流れてくるとボイルしているため、それに合わせてキャストを繰り返していく。
風裏とは言え白波が立つほどの横風。
この条件下では低弾道でルアーをキャストでき、ラインの放出量をサミングして抑えてやることのできるベイトタックルが本領を発揮します。

そしてついにヒット!
初日よりも根が荒いため、ドラグをフルで締めてのファイト。
ブリ
ブリ
ロッドはかなり曲がっているがまだまだ大きいのともやり合える。
そんな可能性を感じました。
ブリ

遠征先での天候不良はどうしようもないですが、荒れた磯はかなり危ないので無理のないよう気をつけて釣りを行ってください!!

BRIST VENDAVAL8.9Mが進化し、更なる長距離砲となり青物ともやりとりできるパワーを持ったBRIST VENDAVAL10.1M。
色々なフィールドで色々なターゲットを狙って行きたいと思います!
Kumamoto Japan
Japanese amberjack
Rod:BRIST VENDAVAL10.1M
Angler:Takumi Kimura

関連ページ

BRIST VENDAVAL10.1M製品ページはこちら
BRIST VENDAVAL10.1M関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

8/22~23 新潟ルアーフェスタ2020

Facebook