Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

海底から上がってきたのは座布団!?瀬戸内では出会えない魚たちにBC4 5.10LHでチャレンジ!

time 2019/09/30

こんにちは!広島AUXの木村です!
朝夕が涼しくなり秋の訪れを感じ始めました。
前回に続き福島での釣行のことになります。
福島県の相馬から出船してそのまま沖に向かい、ここでもライトジギングにチャレンジしました。
普段活動している瀬戸内海では個体数が少ないため、狙って釣るというのがなかなか難しいヒラメをメインターゲットにして欲しいと船長にお願いすると快く承諾していただきました。

使用したタックルはBC4 5.10LH、ジグは60~80gを使用しました。
BC4 5.10LHの張りがありつつも曲がるティップはジグをスローに誘うのにも使いやすく、早いジャークを入れた時にもティップからベリーにかけて適度な張りとしなやかさがあります。
ロッドのパワーが強すぎてジグが飛びすぎてしまう、なんていうことも起こらず快適に使用することができました!

まずは強めのジャークで誘うも反応なし。
スローな誘いに変えるとすぐにゴツッとジグに噛み付いてくるようなバイト!
上がってきたのは本命のヒラメ!
ヒラメ

その後も反応があるのはスローな誘いのみ。
となれば後はサイズアップを目指し丁寧に誘って行く。

船長が沖のポイントへ移動。
「デカイのが出るよ」と言われその1投目。
新しいポイントに入ったのもあり丁寧に探ることを心がけてボトムを取り2回アクションを入れた瞬間、今までよりも大きなバイトが手元まで伝わってきた!
フッキングすると、ズッシリとした重量感!
5.10LHがバットから曲がり、キツめに締めたドラグがジリジリと引き出されなかなか浮いてこない。

浮いてきて見えたのはなんとヒラメ!
ネットに収まったのは80センチを超える座布団平目!!!
ヒラメ
ヒラメ
船上で測ろうとするもヌルヌルしていて船が揺れるためメジャーからズレる笑
ヒラメの自己記録を更新!!!!

さらにキャスト後ボトムを取ろうとフォールしていると、カツっとしたバイト。
合わせを入れ上げてくるとなんとなんと高級魚のトラフグ笑
トラフグ
その後も瀬戸内ではなかなか出会うことができないサイズのホウボウやカナガシラがどんどん上がってくる笑
ホウボウ
福島沖の魚影の濃さに驚かされた釣行になりました!!!

4ピースということで持ち運びが便利なBC4 5.10LH。
さらにオフショアだけでなくオカッパリからも大活躍の一本!

是非皆さんも旅行先などに忍ばせてはいかがでしょうか!!!
Fukushima Japan
Bastard halibut , Pufferfish , SeaRobin
Rod:BC4 5.10LH
Angler:TakumiKimura

関連ページ

BC4 5.10LH/MXH/XH製品ページはこちら
BC4 5.10LH/MXH/XH関連記事はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/22~23 トラウトアングラーズミーティング2020in宮古 2/15-16 にいがたフィッシングショー 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook