Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

Beams inte7.9ULはエリアトラウトでもかなり有効!?一風変わったエリアでトラウトと勝負!

time 2019/04/08

皆さま、こんにちは。
広島AUXの木村です。
中国地方でも次々と渓流が解禁となり、SNSなどでBeamsblancsierra5.2ULやBeamsXpan4.3LTSでの釣果を見かけるようになりました。
それを見て、早く渓流へと足を運びたいと考えるようになってきました。

今回フィッシングレイクたかみやという場所へと出かけてきました。
小さなポンドがある菅釣りではなく、ダムをそのまま利用している場所。←実際、香六ダムと立て札もあります。
そしてここは菅釣りなのに手漕ぎのレンタルボートで釣りが出来るという変わった場所です笑

今回使用したロッドはBeamsinte7.9UL。
まだ水温が低く魚が深いところに溜まっているため、重ためのスプーンやバイブレーションを使用するのでこのロッドを選びました。
水温が上がり始める変化が起きるお昼前の晴れたタイミングで50近いロックトラウトをキャッチ。
立て続けに55センチのレインボーのキャッチに成功。

ここの魚は美味しいのでデカいものはキープして持ち帰っています。

そして夕方、木が沈み枝が水面から50センチのところまであるポイント。
地上の木の枝も低い位置まで伸びている。
その奥へと低弾道でルアーを撃ち込まなければ…と言った感じでここはベイトタックルの得意分野。
そして巻き始めてすぐにバイトが!
合わせると確かな重量感を感じるとともに激しいエラ洗い。
inteの強いバットを生かし、少々強引であるが引き剥がしにかかる。
これが全体的に硬いロッドだとフックが伸びたりバレたりすることがありますが、inteはしなやかに曲がるためその心配がありません。
そこを交わしてからは疲れるのを待ちネットイン。

ランディングしたのは60センチのロックトラウト。
このロックトラウトは引きが強いため人気が高く、食してもかなり美味しい魚のためキープします笑

かなり大きなポンドであったり水深が深い場所で重たいものを扱う菅釣りにも相性のいいBeamsinte7.9UL。

是非海だけでなく違う場面でも使用してみてください♪

Hiroshima Japan
Areatrout
Rod:Beamsinte7.9UL
Angler:TakumiKimura

関連ページ

Beams inte 7.9UL記事一覧はこちら
Beams inte 7.9UL製品ページはこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/22~23 トラウトアングラーズミーティング2020in宮古 2/15-16 にいがたフィッシングショー 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook