Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

Beams inte7.9ULを使用したメバルプラッキングを楽しむ! その中で感じた利点とは?

time 2020/07/09

皆さまこんにちは。AUXの木村です!!
今回はBeams inte7.9ULを使用したメバルのプラッキングについてお話ししようと思います!
メバル

メバルのプラッキング

メバルに限らずロックフィッシュは捕食した直後、反転してすぐに自分の元いた場所に戻ろうとします。

そのため根魚を狙う際は強いロッドを使う必要があります。

メバルも磯や藻場を探る際には強いロッドを使いますが、堤防から浮いているメバルを狙う際には強いロッドは必要ないと思っています。

ジグ単などは吸い込んでくれますがプラグなど大きいものは口の中にスッポリ!なんてことは数少ないです…。

メバル

そんな時は
ティップが魚の反転に反発することなく綺麗に曲がってくれると、
バイトを弾くことなくフッキングへと持ち込めます!

特に水面でプラグを浮かべた状態で食わせる際は、
水面下で食わせるよりも反転するスピードが速いため柔軟なティップがバイトを弾く回数を減らす役割を果たしてくれます!

さらに、潮に乗せてルアーを流す際ベイトタックルでは、
クラッチを切るだけでラインを放出でき、その時にバイトがあってもスプールを抑えることですぐにフッキングへと持ち込める、
これも利点の一つかと思われます!
また7.9と言うことで長さもあり足場が少し高い堤防でも簡単にルアー操作が行うことができます!

メバル

ティップの方はかなり曲がるinte7.9ULですが、ベリーから張りが出て来てバットにはしっかりとしたパワーがあるため大きいサイズや、予想外の大物がかかっても安心したやりとりを行うことができます!
メバル

皆さんも是非Beams inte7.9ULを使用したメバルプラッキングを楽しんでみてください!!
メバル

【タックルデータ】
Rod:Beams inte7.9UL
Reel:アルデバランbfs(shimano)
Line:FishmanプロトPEライン0.6号
Leader:クレハ シーガーグランドマックス1.2号
Lure:ジョインテッドクロー70(GANCRAFT)
ガンシップ36F,45F(スミス)、ジェイドMD(スミス)、メバカーム(ima)

アングラー:木村 匠
エリア:広島
魚種:メバル

関連ページ


Beams inte7.9UL製品ページはこちら
Beams inte7.9UL記事一覧はこちら

イベント

8/21~22 新潟ルアーフェスタ

Facebook