Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

厳しい状況下で80UP!!

time 2020/07/28

こんにちは。宮城の小村です。
私が通う北上川は、宮城県が晴れていても、お隣の岩手県で雨が降ると増水してしまいます。
なので私は、岩手と宮城の両県の天気予報を確認しながら、通っております。

そんな梅雨の合間。
この日は、東風大爆風で予報よりも強い風が吹いていました。。
下げ時合でエントリーすると、流れと風がぶつかり川は波立ち、非常にやりにくい状況。
限られた時間の中で釣りをする私にとって、現場に来た以上やるしかないと言ったところ(笑)

ポイントにエントリーしいつもの立ち位置まで行くと、やはり東風大爆風。
タイミングは、下げ五分。
状況から考え、表層よりも一枚下のレンジから中層付近を狙います。

表層は波立ち、やりにくい。
風もあることから、飛距離を稼げるポジドライブガレージのスキッドスライダーを沖にある瀬の奥へとキャストしました

5カウント程レンジを入れると、下げの流れは申し分ない程あり、流れに乗せるイメージで沖の瀬にルアーを流し込む。

すると、コンっとショートバイト。
そのタイミングで風が強く吹き、一瞬合わせるのが遅れた。
ただ、波立ち、爆風のこんな状況下でも、バイトを拾えるVENDAVAL10.1Mの感度の良さには驚愕!!

そして、もう一度同じコースにルアーをトレースしたところ、VENDAVAL10.1Mのティップが入った。
焦らずしっかりとフッキングを決めると、素直に寄ってくるシーバス。
ランディング時にライトを照らしたため少し抵抗されたましたが、ウェーディング時でも取り回しが楽なVENDAVAL10.1M。
シーバス
リバーシーバスのウェーディングでも問題なく操作できるロッドとなってますね!!
厳しい状況下だったので、嬉しいの一言。

幸先良く良いサイズに出会えましたが、これからもまだまだサイズを狙える北上川。
シーバス
また、良い出会いを求めフィールドに通って行きたいと思います。

【タックルデータ】
ロッド:BRIST VENDAVAL10.1M(Fishman)
リール:カルカッタコンクエスト201HG(シマノ)
ライン:Fishman PEプロト2.5号8撚り(Fishman)
リーダー:フロロショックリーダー20lb(山豊テグス)
ルアー:スキッドスライダー95S(ポジドライブガレージ)

Miyagi Japan
Seabass
Angler:KazunoriKomura

関連ページ

BRIST VENDAVAL10.1M製品ページはこちら
BRIST VENDAVAL10.1M関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

10/19~25 上州屋長野川中島店様 2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook