Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

アフターのメバルを求めて

time 2020/02/26

こんにちは宮城の小村です。
暖冬の影響からか例年よりも気温、水温ともに高いと思っていましたが、先日の寒波で積雪もあり、ようやく冬らしくなったなと感じています。
例年よりも産卵の時期が少しズレ込んでいたので、そろそろ産卵が終わっているだろうと思い、水温低下と産卵後で動きが鈍くなりストラクチャーにタイトに着いているだろうメバルを狙いました。

この日は、堤防の外洋側にある敷石、沈みテトラが絡むポイント。
ジグ単を流れに漂わせながら敷石をタイトに攻めると強烈なバイト!!
流れもありよく引く。
Beams inte7.9ULのロッドパワーで、一瞬にして敷石と流れから引き剥がし無事ランディング!!
メバル
流れの中で釣れるメバルは、体高もありカッコよくついつい見とれてしまいます(笑)
メバル
メバル

その後も敷石、沈みテトラをタイトに攻めると反応が多く、ようやく産卵後の個体がメインになりました。
これから体力回復まで釣りづらい時期になりますが、根気強く通って行こうと思います!
Miyagi Japan
Japanese seaperch
Rod:Beams inte7.9UL
Angler:Kazunori Komura

関連ページ

Beams inte7.9UL製品ページはこちら
Beams inte7.9UL記事一覧はこちら

Fishman New item

イベント

2020年12月10日~20日 上州屋金沢金石店様 2021年1月22日~24日 釣りフェスティバル 2021 2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook