Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

Beams blancsierra5.2ULを片手に岩手の渓流へ

time 2019/10/15

こんにちは、宮城の小村です。
年間を通し渓流に行くことはないのですが、今年の夏は友人に誘われて岩手の渓流へ行って来ました!!
今回使用したロッドはBeams blancsierra5.2UL。
グラスだった初代からフルカーボンになって2代目として発売され、今や渓流には欠かせないロッド。

釣り上がる前に少しだけ練習し、いざ渓流へ。
最初はなかなかピンにルアーをキャスト出来ず苦戦しましたが、慣れてくると自ずと結果も出てきます!!

blancsierra5.2ULはテイクバック時にティップから曲がってくれるので、そこでパワーを溜め、フォロースルーで力を抜きながらキャストするだけです。
腕の力は一切必要ありません。
手首だけ使えば後は勝手にロッドが仕事をしてくれるので、自然とピンへキャストできます。
そして、カバーの奥に低弾道でルアーをキャストできるわけなんです!!
私のようにほとんど渓流経験がなくても、ある程度キャストができるようになるんです(笑)

友人と一緒に行った事がきっかけとなり、後日また渓流へ(笑)

ロッドの使い方はもう分かっているので、テンポ良く渓流を釣り上がります。
すると良型のヤマメが遊んでくれました。
ヤマメ
ヤマメ
チェイスからバイトの瞬間までが自分の目で見えるのは、渓流釣りの魅力の1つですよね!!
完全にハマってしました(笑)

今回渓流へ行き、大自然の中で気持ち良く釣りができる幸せを感じる事ができました!!
ヤマメ
皆さんも来シーズンからblancsierra5.2ULを片手に、渓流へ足を運んでみてはいかがですか?
Miyagi Japan
CherryTrout , Char
Rod:Beams blancsierra5.2UL
Angler:Kazunori Komura

関連ページ

Beams blancsierra5.2UL製品ページはこちら
Beams blancsierra5.2UL記事一覧はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

11/16~17 アングラパーティin薩摩川内 1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook