Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

宮城リバーシーバス開幕!!BRIST VENDAVAL10.1Mで攻略!!

time 2020/06/23

こんにちは。宮城の小村です。
コロナウィルスの影響で緊急事態宣言が出され、釣りから離れていましたが、気が付けば宮城のリバーシーバスの時期。
三密を避けながらポイントを選び、ベイトの状況、地形変化の確認など、可能な限りリバーシーバスに通っております。

この時期の北上川水系では、稚鮎、ハク、イナッコ、アミなど、比較的マイクロベイトが多い時期となります。
使用するルアーも10g~20gで、7~10cmの小さめのルアーがメインとなり、かつ遠くへキャストできるロッドが必要になります。
そこで、今回使用したロッドは、今年発売された「BRIST VENDAVAL10.1M」。
フィッシングショーでも多くのお客様が手に取り、興味深々にスタッフに話を聞いてのが印象的でした。
VENDAVALの名に恥じぬ、飛距離を誇り、そして感度と操作性が向上された長尺ロッド。
ルアーキャパが8~50gなので、リバーシーバスゲームで主に使用するルアーを遠くへキャストできるロッドとなっているので、大河川をホームにしているアングラーには待ちに待ったロッドとなっているのではないでしょうか。
私もその1人です。

いよいよ待ちに待ったリバーシーバスシーズン。
わくわくしながら入水。流れが出るまでは我慢の時間。
時合が来るまでは、ルアーBOXにある10~20gのルアーをひと通りキャストし、感触を確かめる作業を行いました。
下げの流れが出だし、風も上流から下流へと吹き、流れと同調した。
月明かりもありなかなか深いバイトがなく、シーバスにルアーをじっくり見られている感じ…。

そこで、BlueBlueシャルダス20のブレードの力を借り、ブレイクへとルアーを流し込む。
すると、結果は早かった。
月明かりに照らされ、シーバスの豪快なエラ洗いが未だに印象深く残っています。
クラッチを使いながらゆっくりといなし、今シーズン1尾目のシーバスと出会えました。
体高ある、北上川水系らしい銀ピカのカッコイイシーバス。
シーバス
VENDAVAL10.1Mで釣れた最初のシーバスに相応しい魚体。
今シーズン初と言うこともあり、思わず叫んでしまう始末です(笑)
シーバス
しっかりと蘇生をし、ゆっくりと沖へ向かうシーバスの魚影を最後まで見届けました。
シーバス

今シーズンはまだ始まったばかり。
思い出に残るような1尾を求め、フィールドに通い続けたいと思います。

【タックルデータ】
ロッド:BRIST VENDAVAL10.1M(Fishman)
リール:カルカッタコンクエスト201HG(シマノ)
ライン:Fishman PEプロト2.5号(8本撚り)
リーダー:フロロショックリーダー20lb(山豊テグス)
ルアー:シャルダス20(BlueBlue)
アングラー:小村一徳
フィールド:宮城

関連ページ

BRIST VENDAVAL10.1M製品ページはこちら
BRIST VENDAVAL10.1M関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

Facebook