Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

キャッチ率を大幅に上げる2ポイント!ジグとタイラバどちらも楽しむ欲張りセッティングでドラマフィッシュが連続HIT!

time 2020/07/10

前回、自己防衛策を継続しながら再開したSUPフィッシングで、2ヶ月ぶりの魚とのファイトに打ち震えた福岡AUX久池井です。

”ドラマ”を重視したい!オールマイティタックルでシーズン再開幕2投目のヒットストーリー

あのマダイの後も何度かアタリがあったものの、食いが浅いのかフックアップには至らず、物語は午後の部へ。
あのままメタルジグを投げ続けても良かったのですが、せっかくなので目先を変えてタイラバも試してみることにしました。

タックルは午前中に引き続き、Beams CRAWLA6.6L+。
リールはDAIWA モアザン PE TWに、PE1.2号+フロロリーダー5号をセッティング。
ここ1~2年で様々なメーカーからリリースされている『オフショアの幅広いルアーゲームを1本で完結させる』マルチコンセプトロッド。
Fishmanロッドの中でも特に汎用性の高いCRAWLAは、そういった用途にもハマるのはもちろん、ルアーのキャストがトラブルレスに…と、とにかく気持ち良くできるのもアドバンテージになります。

今回は午前中のスーパーライトジギングからルアーチェンジのみでタイラバに変更しましたが、私がこのようなゲームを楽しむ上で意識しているポイントが2つあります。

1つ目のポイントは大きく使用感の変わらない範囲で、気持ち強目のラインを使うことです。
タイラバだと気持ち強めに感じるかもしれない上記のラインセッティングですが、マダイに限らず何が食ってくるか分からないこの釣りにおいて、余裕を持ってファイトできることはかなりの安心感に繋がります。
また、無理に細いラインにしないことで、メタルジグやキャスティングポッパーなど他のルアーもキャストしやすくなり、フィールドで取れる選択肢の幅も広がります。

2つ目のポイントはタイラバを使う場合、3フック以上のものを使うことです。
近年トレンドである掛け重視の細針仕様のタイラバは『比較的柔らかく弱めのロッド』と『マダイを釣ること』のみでの使用を想定されていることが多く、Fishmanロッドに限らずバットパワーが強いロッドでは身ギレしてバラしてしまうことがあります。
そのため『3フック仕様にできるタイラバ』を選択肢に入れると、魚の口に複数のフックを掛けることができるので、必然的にキャッチ率が大幅にアップします。

私も初めて使ったときは「フック1本有る無しの差で、ここまで釣果が変わるのか!」と驚愕し、今では2フックのタイラバに戻れないほどです。
愛用しているセブンスライドやポルポーといったタイラバは、2フックをベースにアシストフックを後付けできるメーカー独自のシステムが採用されています。
鈍ったフックの交換や新しいフックの追加もやりやすいので、経済的なのもGOOD!ですね。

200710

アクションはタイラバをキャストして着底までフリーフォール。
着底後ラインスラッグを取るイメージで数回早巻した後、等速で動かすイメージでリトリーブし、水深の3分の1程度まで巻いたら再度フリーで落とすの繰り返し。
このセット3~4回繰り返したら回収し、再度キャストしてフォールさせていると、着底直後の抑えこむような”モゾっ”としたバイト。

久しぶりのタイラバにつきやや早合わせになりましたが、アングラーがミスったらロッドが代わりに仕事をしてくれるのがFishman!
CRAWLAの柳腰なティップが、掴んだバイトを離すことなくフッキング!
午前中のマダイとは明らかに違うワクワクするような重量感と、荒々しいファイト。
ラインセッティングと3フックの安心感から、気持ち強気のファイトを楽しみつつ上がってきたのは、ナイスサイズのマゴチ !

マゴチ

恐竜みたいな写真も撮らせてくれた大満足の1本でしたが、これで終わらせてくれないのが私のホーム”玄界灘”。

沖あがり前ラスト10投と決めてからのラスト1投。
着底を待つ間、ハンドルを離してアクションカムの向きを調整している間にバイト!
稀によくある『釣り以外のことに意識を向けた瞬間、魚に対する殺気が消え、チェイスしてきた魚がバイトする現象』。
も、もちろん狙ってやりました(汗)。

この狙ったかのようなタイミングに、終始楽しませてくれる引きとワクワクするような重量感。
ドラマフィッシュ間違いなしのラストフィッシュは、またしてもナイスサイズのマゴチでした。

マゴチ

始める前は2ヶ月ぶりの釣りにボウズも覚悟していましたが、フタを開けてみれば1タックルで楽しみ尽くした結果に!
釣りに行けなかったことなんて軽く吹き飛ばしてくれる最高のリスタートに大満足でした。

マゴチ

【タックルデータ】
Rod:Beams CRAWLA 6.6L+(フィッシュマン)
Reel:モアザン PE 1000XH-TW(ダイワ )
Line:ピットブル4 #1.2(シマノ)
Leader:グランドマックスFX#5(シーガー)
Lure:セブンスライド40g+ジャンプパーツロング(ガイドサービスセブン)

Fukuoka Japan
FlatHead
Rod:Beams CRAWLA 6.6L+
Angler:AkiraKuchii

関連ページ

Beams CRAWLA6.6L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA6.6L+記事一覧はこちら

Fishman New item

イベント

10/19~25 上州屋長野川中島店様 2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook