Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

ベイトエギングの”呪い”は解かれた!BeamsLOWER7.3LでKgオーバー!!(リール、ラインシステムなどなど)

time 2019/04/03

皆さん、こんにちは!
『人がやらないエクストリームな釣りが好き!』
福岡AUXの久池井です。
今回は過去様々なメーカーから提唱されるも、いつのまにか立ち消えてしまうある意味”呪われた”釣り『ベイトエギング』について、どうしてもお話ししたいんです!
エギング人口増加に伴い、かなり釣り辛くなってきているアオリイカ。(とある論文によると、個体数はむしろ増えているとのこと…)
『主流のスピニングタックルとは異なるアプローチができる”ベイトタックルでしか釣れないイカ”もいるはず!』と、ある方にガイドしてもらい『壱岐島』にて掛けたkgオーバーが、私にとっての呪いの始まりでした…。
イカ特有の強烈なジェットを受け止めながら目前まで寄せるも、タモ入れして頂いた方と連携がうまくいかず、痛恨のバラシ…。
『また掛かる…いや、掛ける!』と悔しさを押し込めながら投げ続けるも、ついぞイカからの返事はなく…泣く。
そしてそこから始まる9カ月にも及ぶ『イカ釣れない呪い』。
本当に…本当に悔しかったんです。
しかしながらその悔しさが私に執念を与えてくれました。

オフシーズンを終え試行錯誤の末、辿り着いたメインタックルはBeamsLOWER7.3L。
飛距離とパワーこそ愛刀CRAWLAに半歩譲るものの、それを補って余りある軽さとそこから生まれる操作性の良さ。
加えてシーズン問わず最も使われるであろう3.5号以下のエギがストレスなくトラブルフリーに投げられので、これ1本持ってのランガンにも相性抜群!
ややショート目なレングスになりますが、スラックジャークでエギをダートさせる横の釣りはもちろん、エクストラハイギヤのリールを合わせればエギを高く跳ね上げる縦の釣りもやりやすいです。

リールは今年リリースされたダイワ モアザンPE TW 1000XHL。
SVスプールのキャストフィールが好きなのでRCSB SV1012 G1スプールに換装しましたが、ノーマルでも問題ありません。(むしろ飛距離はノーマルの方が出ます(笑))
ラインはDUELアーマードF+pro0.6号150mにフロロリーダー1.75号をセット。(スプールのラインキャパが余るので、適当なPEで下巻き)
ベイトタックル、特にFishmanロッドを普段使われている方には、PE細糸は噛み込みや高切れ等のトラブルが心配になられるかもしれません。

しかしながら、エギや軽量ルアーなど『飛ばないルアー』をイージーに飛ばせるLOWERと、細いPEライン使用を前提に設計されたリール、加えてモノフィラメントライクなラインがドンピシャ!
1日投げ倒してもトラブルらしいトラブルはありませんでした。

準備を整え、リベンジの舞台はここしかない!
エギングの聖地、長崎県は『壱岐島』。
年間平均風速10m越えと言われるだけあって、狙ったポイントは爆☆風(笑)
しかもエギングに最も向いていない横風。
他のエギンガーが釣りをする前に諦めてしまう状況でしたが、だからこそこの瞬間を待っていたんです!

運命の1投目、ブレーキを気持ち強めに設定…。
BeamsLOWERの名に違わぬ『閃光のような低弾道』キャストでラインスラッグを最小限に抑え、着水と同時にロッド操作で叩きつけるように海面にラインを馴染ませます。
キャスト中ノーブレーキのスピニングタックルですとラインが風に無限に喰われ続けますが、ベイトタックルだとラインメンディング出来てしまうんです!
エギを沈めつつ、クラッチOn,Offやサミングで糸を出しながら潮の流れに乗せドリフト…これもベイトならではのアプローチ。
スプールの回転に全神経を集中させ着水後カウント30にて違和感を感じ、アワセると同時にLOWERがバットまで絞られる!
直後、強烈なジェットにて唸るドラグと高鳴る鼓動!
『行け、行け、行け!いけぇぇぇっ!!!』
“一度掴んだら離さない”LOWERのフルベンドで受け止め、失速させたところで上げ潮の激流から引き剥がしエスコート…デカい!
アオリイカ
アオリイカ
今度こそ…今度こそ執念のネットイン!
眩いばかりに白く輝くkgオーバー!
イカの寿命は1年…絶対にありえないのですが、それでも去年逃したあのイカが待っていてくれた気がしてなりませんでした。
その後ランガンし、明け方に別のポイントでもう1杯追加。
アオリイカ
ついに…ついに呪いは解かれた!

2019年エギングシーズンはまだまだ始まったばかり!
LOWERで『釣れ”ない”呪い』は解けるも『釣り”たい”呪い』は強くなる一方(笑)
あの時のバラした悔しさがなければ…。
そして呪いにかからなければ…。
きっとここまでハマることはなかったでしょう!
来期にはよりロングレングスな8.6Lのリリースも控え、2kgオーバー、3kgオーバー、レッドモンスター、デビル…。
考えるだけで楽しすぎて、ワクワクが止まりません!
Nagasaki Japan
BigfinReefSquid
ROD:BeamsLOWER7.3L
Angler:AkiraKuchii
Beams LOWER 7.3L製品ページはこちら
Beams LOWER 7.3L関連記事はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/22~23 トラウトアングラーズミーティング2020in宮古 2/15-16 にいがたフィッシングショー 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook