Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

激シブの中、ジグもタイラバもCRAWLA1本で!~氷雨に打たれて、冬マゴチ~

time 2019/02/19

こんにちは!
福岡AUXの久池井です。
いよいよ寒さが本格的になってくるとともに海も荒れることが多く、SUPボードを出せる日が少なくなってきました。

そんな中、運良くお仕事の休みと凪が重なったためホーム『豊前海』にエントリー。
天気はあいにくの小雨ですが視程もよく、ドライスーツのおかげで頰以外は全く濡れることなく、快適に釣りを楽しんできました。

ロッドはおなじみBeamsCRAWLA6.6L+。
30gのジグをセットし、ライトジギングからスタートするも魚からの返事はなし…。
ジグのサイズを変えたりアクションやレンジを変えたりするも、魚っ気が全く感じられません。
どうやらベイトも回っておらず、回遊魚は期待出来なさそうです。

一日中ジグを投げ倒してのボウズもある意味『ロマン』溢れるものがありますが、釣りが出来るチャンスが少ない中使える手は全部試したいところ。
スナップ手前でリーダーを切りループノットを作って、誘導式タイラバにルアーチェンジ!
鯛や根魚、底物をメインターゲットに切り替えます。

28gのタイラバをセットしてのフルキャスト。
推奨キャストウエイト上限ですが、テイクバックでグニャリと曲がったバットが重さに負けることなく高初速で撃ち出してくれるので、単に『投げられる』ではなく『気持ちよく投げられる』のがこのロッドの強みですね。

着底後『5~6回巻いてからのフリーフォール』を繰り返し、ボトムを丁寧にノックしていくと巻き始めで『コツン』としたアタリ!
リールはライトジギングと兼用で『ダイワキャタリナTW 100SH』。
かなりのハイギヤモデルなので『乗りにくいのでは?』と思われるかもしれませんが、クローラの『柳腰なティップ』がショートバイトをハジくことなく絡めとってくれるので、焦らず重みが乗ったところでフッキング!
氷雨すらも蒸発させる熱いファイトの幕開けとともに、こちらの気分まで高揚させるヘッドシェイクをベリーがいなし、下へ下へと引きずり込もうとするダイブをバットが黙らせます。
そうして上がってきたのは50cmオーバーの冬マゴチ!
70cm近いモンスターが毎週のように市場に並ぶ豊前海では少し小さい方ですが、氷雨の冬空に映える最高にカッコいい魚でした。

ライトジギングとタイラバ、両方こなしてくれるロッドは中々お目にかかれませんが、クローラはどちらも高いレベルで成立させてくれています。
正直なところそれぞれ専用にもう一本欲しいくらいです(笑)
マゴチ
マゴチ
Fukuoka Japan
Flathead
ROD:BeamsCRAWLA6.6L+
Angler:AkiraKuchii
Beams CRAWLA 6.6L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA 6.6L+記事一覧はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook