Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

3ピースのBRIST5.10MXH、LHが大爆発!マグロ(!?)にヒラマサ、ハタ連発!!

time 2019/09/26

3ピースのBRIST5.10MXHとLHが爆発(!?)してしまったジギングゲーム!書き進めていた別の記事を後回しにして、鮮度が高い内にご紹介致します。

9月中旬。AUX久池井は福岡県小倉から、元祖誘導式タイラバ『セブンスライド』などの開発で有名な『ガイドサービスセブン』宮崎船長のお世話になり、山口県角島沖へ行ってきました。
事前情報では真鯛よりも青物が好調。特にライトジギングの調子が良いとのこと。
準備したのは、3ピースのBRIST5.10MXHとBRIST5.10LH。4ピースのBC4 5.10でも十分快適に釣りが出来るのですが、継ぎが少なくブランクスがより細い分3ピースのBRIST5.10の方が気持ち良くジグをシャクれるので、今回はこちらを選択しました。

水深50m前後のポイントに到着後、まずは5.10MXHでシルエットがコンパクトな110gのジグを投入!
着底後、鯛やヒラメ、根魚を狙うイメージで10回巻き、青物を誘うイメージで10回シャクリを1セットで任意の水深まで数セット繰り返し。
反応がなければ再度フォール、着底というアクションを繰り返します。
このアクションは魚種を限定せずに様々な魚を狙えるため、私が最も多様するジグのアクションになります。
数回投入を繰り返したところで、着底からの巻き始めに狙い通りの1stヒット!
MXHを気持ちよく曲げながらもゴリゴリ引き上げたのは良型のアオハタ!
アオハタ
ある程度沖に行かないと中々出会えない北部九州オフショアゲームを代表するお魚です。

そこから水深30m~のポイントに移動し、5.10LHに30gのジグを船首からフルキャスト。
着底させ先ほどと同様のアクションで、気持ちスロー気味にナナメ引きを狙います。
こちらも程なくHIT。
フィーリングはしなやかなLHですが『1m、10kgのモンスターフィッシュとのファイト』を想定されたこちらのバットパワーも必要十分。
根から引き剥がし抵抗を諦めた魚を半ばパワープレイで浮かせ、上がってきたのは先程のアオハタと同サイズの良型キジハタ。
キジハタ
同様の誘いで程なく一回り小さいキジハタも追加。

その後は船全体でしばらくアタリが遠のいたため、再びMXHに持ち替えジグを動かし続けます。
風も強くなり潮の流れが急激に早くなってきたので、水深60mにも関わらず110gで底が取れるかどうか。
巻いてしゃくってのアクションを繰り返し、ジグが中層まで差し掛かった瞬間にドスンと響くアタリ。
フッキングと同時にリールシートまで弧を描くMXHと直後『ギャギャギャギャギャギャギャギャギャーーーーー!!!?』と甲高いドラグ音を鳴らしながら引き摺り出されるライン!
「ヤバイの掛けちゃった!?」と、経験したことがない速さの1stダッシュをMXHで止めたあと、不意に抜けるテンション…外れた!?
と思いきや、こちらへの突進に巻きが間に合っていないだけ。

そして始まる2ndダッシュ。
しかも釣り座とは逆の船尾方向と良くない方向へ走り始める魚。
バットパワーでは全く負ける気はしないものの、このままでは他の方のラインを巻いてしまう可能性が。
「他の人をかわして後ろに行った方が良い!」と宮崎船長のアドバイスをもらい、船首から船尾へ他の方に謝りながらの場所移動。
しかしファイトは緩めず、最後尾に移った時には魚を水面付近まで浮かせたものの、そこから見惚れるほどの水面直下の反転ターン。
その動きから「でかいシイラかな」と思うもシイラにしては跳ねない。
「シイラっぽい動きだけど、シイラがそんな中層で食った!?」と船長。
MXHのバットパワーで2ndダッシュも止めて寄せるも、ラストダッシュで船首へ走り出す魚。
しかも中部ではこの日最年少の子にヒラマサがかかっているらしく、こっちに走ってきている模様。
「もう一度前の人をかわして船首で勝負しよう!」と船長のアドバイスに再び船首へ。
お騒がせしながらも「頑張れ!」と笑顔でかわしてくれる同乗者の方々。
かたじけない…絶対釣ります!

「ただいま!」と船首に戻りラストファイト。
MXHのバットパワーでリフトし、遂に姿を現したのは人生初のマグロ!
お騒がせしたものの、魚を疲れさせる前に短期決戦を制しました。
同乗者の方にネットを入れてもらい無事ランディング!
マグロ
最高のファイトで魅せてくれましたが、大きさは明らかに30kg未満!
宮崎船長が釣り上げた後もしっかり魚をモニターしながら迅速に1枚撮ってくれたので、未来のモンスターを無事リリースすることが出来ました。

程よい達成感とジギング終盤の疲労感を感じながら、お昼も周りいよいよ最後の流しへ。
5.10LHに110gのジグをセットしアンダーキャストでナナメ引き。
疲れた腕にマイルドな5.10LHがシャクリの負担を和らげてくれます。
中層までシャクリ終えてからの巻き始めでガンガンと小気味よくジグにアタックするアタリ、そしてフッキング…乗った!
5.10LHが一気にリールシートまで絞り込まれます。
かなりの引きでイイお魚には間違いなさそうですが、5.10LHのしなやかながらも強いブランクスが主導権は渡さず、魚を嫌がらせることなくエスコート。
必要以上に暴れさせることなくファイト出来ました。
そうして浮かせた今回ラストフィッシュはヒラマサ!
ヒラマサ
危なげなく楽しくこの魚が釣れてしまうのが、私が5.10LHを妖刀と呼ぶ由縁です。

BRIST5.10MXHとLH。
後発のBC4の方に目が行きがちではありますが、リリースから5シーズン立った今でもカタログ落ちしないのは、BC4とはまた違う、触れば絶対に分かる色褪せない魅力があるから。
何よりこの細身のブランクスで国内はもちろん、世界中のモンスターと渡り合えるのは堪りません!

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

10/26-27 山本釣具シーバスパーティー 11/2 キャスティングSpecialPresents SEABASSFESTA2019前夜祭 11/3 キャスティングSpecialPresents SEABASSFESTA2019 1/17-19 釣りフェスティバル2020

Facebook