Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

BeamsCRAWLA6.6L+とFishmanオリカラパンプキンでブリトップ&BRIST5.10LHで『地球の裏側まで届いたドラマフィッシュ』!

time 2018/12/14

こんにちは!福岡AUXの久池井です。

今回は九州が誇る『玄海灘』にSUPでエントリーしてきました。
漕ぎ出していきなり進行方向で鳥山が発生し、その真下では青物の大ボイル‼︎
ここはもちろんCRAWLA6.6L+とFishmanオリジナルカラーパンプキン110ピンスポイワシ!
振り抜く方向にフラッグと荷物があるので、気持ちふんわりキャストしたつもりでしたが、ルアーはミサイルのように飛翔し、ボイルを撃ち抜きました。
そこからは強めのポップで水飛沫を巻き散らすように
ジャーク、ジャーク
「ドラグちょっと弱いかな」カチカチ…
ジャーk、バッコーン‼︎!?
と海面が大爆発
ルアー後方からの追い食いに見えましたが、最高の仕事をしてくれるティップがバイトをしっかり絡めとりフッキング!
かなり良い走りですが、CRAWLAの底の見えないバットパワーはまだまだ余裕。
程なく上がってきたのはプリップリの寒ブリ!
長さこそギリギリワラサに収められるサイズでしたが、CRAWLAで青物!
最高に楽しい1投目でした。

その後ボイルも収まったので、5.10LHのジギングタックルにチェンジ。
30gのロングジグで底から中層を狙っていきます。
アクションは前回のアコウと同じで、キャスト~着底後、マダイや根魚、フラットフィッシュを狙うイメージでリトリーブ。
ジグが中層まで浮いて来たら青物を狙うイメージでジャーク。
ジャーク後、追いかけて来た魚に喰わせの間を与えるイメージで数巻して、フォールしようとしたらコツン!とアタリ!!!!!
反射的にフッキングすると同時に、甲高い竿鳴りを上げロッドが唸る!
「デカイ⁉︎」と思った瞬間、ドラグがなんとフルロック!
同時に暴力的なまでのファーストダッシュ‼︎
ラインはPE1.2号+フロロリーダー5号。
「切られる⁉︎」と覚悟しましたが、細糸ドラグなしでの『力』と『力』のぶつかり合いを5.10LHがフルベンドで制してくれました。
隙をついてドラグを調整し、一進一退の攻防…。
そして遂に姿を現したのは、まごう事なき『玄海灘の大鯛』!
無事ネットインしその大きさに震えた後、フックを外そうとしてさらに愕然⁉︎
細軸のリアシングルフック(#1)が下顎皮一枚に掛かっているだけ…。
しかもあれだけロッド任せなパワーファイトをしたにも関わらず、フック孔は全く広がっておらず。
BRIST 5.10 LH…『妖刀』であると改めて確信しました。

ドラマはまだまだ終わりません。
マダイを蘇生させていると、南米ボリビアに住む友人から『1月に結婚式を挙げるので、ビデオレターを送ってくれない?』とのメールを、なんとこのタイミングで着信!
これは本当におめで『たい』!
「今撮るならこれしかない!」と考え、SUPの上で鯛を抱えてビデオレターを撮影しました。
おめでとう!
地球の裏側まで届け、Fishman‼︎

タイ
キャスト
寒ブリ
タイ

Fukuoka Japan
Japanese amberjack, Red seabream
ROD:Beams CRAWLA 6.6L+, BRIST 5.10 LH
Angler:Akira Kuchii
Beams CRAWLA 6.6L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA 6.6L+記事一覧はこちら
BRIST 5.10LH製品ページはこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

11/16~17 アングラパーティin薩摩川内 1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook