Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

難攻不落の子イカパターンをCRAWLAとインチクで攻略!ハタ、マダイ、青物etc…豪華6魚種をイージーGET!!

time 2019/12/04

11月下旬、中学からの友人達と日帰りオフショアゲームに行ってきた福岡AUXの久池井です。
場所は北部九州の誇る壱岐島近海。
開始直後から友人達のコンパクトジグに反応するものの、時折現れるサワラの猛攻に多数の高価なタングステンジグが殉職…。

しばらく色々試してみたところ、ロングジグには反応せず、コンパクトジグも選んでバイトしている状況。
鯛ラバもイマイチ…となると、行きついたのは”子イカパターン”。
この時期、玄界灘のお魚は1cm~の子イカをたらふく食べているのです。

ルアーを鯛ラバから、イカパターン攻略のための誘導式インチク『海士』に変更。
個人的なイメージですが鯛ラバの”ウォブリング主体の小魚の動き”に対し、インチクは”ローリング主体のイカの動き”。
そしてこれが狙い通りの大ハマり!

Beams CRAWLA6.6L+にDAIWAソルティガBJ100SH、FishmanPE1.5号+フロロリーダー5号の鯛ラバタックルから、ルアーのみチェンジ後の一投目。
軽くアンダーキャストし、フリーフォール。
キャストだけでなくルアー着底時のバックラッシュとも無縁なFishman PEライン(プロト)のトラブルレス性は、かなりのアドバンテージになります。
着底後すぐに巻き上げ、中層まできたらインチクをふわふわとスローに動かすイメージで数回シャクリ。
任意の水深まで繰り返したのち、再度フォールさせると…着底直後に引ったくるようなHIT !
根魚っぽいので、CRAWLAのバットパワーで強引に根から引き剥がし、上がって来たのはナイスなキジハタ!
キジハタ
フックセッティングはメーカー推奨のアシストフック3本仕様にしているので、身切れすることもなく安心してファイトすることが出来ました。

続けて2投目ででっかいカサゴ。
カサゴ

3投目で玄界灘ではウルトラレアな良型オオモンハタを連続GET!
これはメチャクチャ嬉しい!
オオモンハタ

前回の鯛ラバ釣行と同様のブレードチューンをしているので、イサキも食ってきました。
イサキ

一同お土産が確保できたところで、残り時間はベイト反応を追いかけ回遊魚を狙う作戦に。
10分ほど船を走らせキャスト。
ベイト反応がなくなれば、回収してまた走らせるといった動きの繰り返し…。

友人の1人がワラサをかけて沈黙を破ったところに、私にもズシンとHIT!
船底に走ろうとする魚を、立ち位置を変えながらCRAWLAのレングスとバットパワーで強引に止めます。
横走りしようとするので青物と思いましたが、上がって来たのは50upの良型マダイ!
最高に美味しい晩秋の紅葉鯛もGET!!
マダイ

その後もベイト反応を追いかけ、ラスト流しの納竿5分前。
ルアー着底直後にラインが走り、反射速度0.2秒の電撃フッキング!
あまりの気持ち良さに思わず声が出るほどで、友人達からも驚きの声。
多少ドラグは出るものの、CRAWLAなら主導権を握ったままファイトできる!
おまつり回避のため、ルアーを回収してくれようとした周りの友人にはそのまま釣りを継続してもらうことに。

締めを飾ってくれたのは50cmほどのヒラマサ!まだまだ若マサですが、L+で青物…。
控えめに言って、大興奮でした。
ヒラマサ

鯛ラバ、ライトジギング、インチクと美味しい所のオフショアルアーゲームなら、大体こなしてしまうスーパーバーサタイルロッドCRAWLA。
1本あればできる釣りは無限大。
こうなるとテンヤやイカメタル、バチコンやティップランにも挑戦してみたくなってしまいますね!

Ikinoshima Japan
Groopers,Rookfish , Chiken-Grunt,Red-SeaBream , Yellowtail-Amberjack
Rod:Beams CRAWLA 6.6L+
Line:Fishman PE #1.5 プロト
Angler:Akira Kuchii

関連ページ

Beams CRAWLA6.6L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA6.6L+記事一覧はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

4/8-19 上州屋長野川中島店様 渓流&本流トラウトロッド展示予約販売会 4/12 トビヌケ植田店様 受注試投会 4/26 上州屋安城店様 展示受注会

Facebook