Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

ライトゲームだけではもったいない!巷でウワサのinteでタイラバ!?楽しすぎるので中毒に注意…。

time 2020/01/09

こんにちは。
最近タイラバ熱が燃えに燃え上がっている福岡AUXの久池井です。
タイラバ楽しいですよね~。
私は前アタリから我慢して、重さが乗ったところでしっかりアワセを入れるタイプです。
フッキングが決まった時の快感は、他の釣りでは味わえないタイラバの魅力の一つだと思います。

いつもなら迷わずスーパーライトジギングと兼用でBeams CRAWLA6.6L+をチョイスするのですが、最近は敢えてBeams inte7.9ULでタイラバばかりやっています。
フィッシングショー等で西村フィールドテスターがinteを手に取った方によく説明しているのが、inteでタイラバをしている猛者の話。
そんな楽しそうなこと、やらずにはいられましょうか?いや、我慢出来ません!(笑)
そしていざやってみると、これがなかなか”やみつき”に…。

コツはinteに限ったことではありませんが、ナナメ引きの状況を意図的に作ること。
引き抵抗でロッドが曲がりきってしまわないよう、ラインとロッドの角度を160度くらいに保ち、ティップがアタリを絡め取れる曲がりの余地を残します。
船を流す場合なら、釣り座によっては軽くアンダーキャストでタイラバを前方に落としてやると良い感じです。
間違ってもオーバーヘッドのフルキャストは厳禁!
軽くアンダーキャストでバットを使って押し出せば100gくらいまでなら投げられました。
推奨キャストウエイトは超えますので、一応自己責任でお願いします。

船が流れない時やキャスト出来ない時は、7.9ftのレングスを活かしてティップを海面に突っ込んでやると、強めのベリーで弾くことなくティップがアタリを絡め取ってくれます。
あと風にラインが取られません。
掛けてしまえば細身のブランクスをフルベンドさせて、スリリングなゲームをあとは楽しむだけ。

Beams inte7.9UL
40cm前後のマダイでこの曲がり!
サイズが出ない時もかなり楽しめます。
マダイ

友人とよく通っている天草では抱きつくだけで中々乗らないコウイカも、inteの柳腰なティップと3本針仕様のタイラバ”セブンスライド”なら絡め取ってしまいます。
コウイカ

福岡の博多湾で水深10メートルのシャロー撃ちをやれば、季節外れの60cmオーバーのデカ”マゴチ”
マゴチ
重みを乗せてからベリー~バットで合わせれば、プラスチックのように硬いマゴチの口もしっかり貫通できます。
マゴチ
マゴチ特有の激しい首振りやツッコミも、追従しオートでいなしてくれますので、安心してファイト出来ました。

来シーズンにはオフショアでも一般的なレングスである6.4ULも控え、これからますます熱くなりそうなinteタイラバ!
想像してみて下さい。
この細く研ぎ澄まされたブランクスが、リールシートまで美しい弧を描く様を!
ファイトの楽しさならCRAWLA以上かもしれません。

先輩からも『7.8kgまでの魚はinteで獲ったから、8kg以上は頑張ってね~』と最高の宿題が出ました(笑)ので、2020年はマダイの自己新記録をinteで叶えることを目標に楽しみます!
Fukuoka,Kumamoto Japan
RedSeaBream , Cuttlefish , FlatHead
Rod:Beams inte7.9UL
Angler:Akira Kuchii

関連ページ

Beams inte7.9UL製品ページはこちら
Beams inte7.9UL記事一覧はこちら

Fishman New item

イベント

Facebook