Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

ラパラのオリジナルフローターがマイブーム

time 2016/12/27

北海道の小川です。
ここ最近、ラパラのオリジナルフローターがマイブームになっています。何年か前から私の中でウッドリームのアルボル90Fから始まったフローティングミノーブームが来ており、かなりシンキングミノーの出番が減っているのですが、ブラウントラウトを釣るならラパラのフローティングミノー使ってみないとダメだろうと勝手に思い込み、ちょっと季節的にどうなんだ?と思いながら使い込んでみてます。

そしてこれが釣れます。プールのオーバーハング近くに投げて放っておくだけですぅ~っと忍び寄りパクっと食いついてみたり、アシ際スレスレをちょい潜らせて浮かせてを繰り返していると水面が爆発したり、瀬の中を通せばドカーンとバイト

ラパラって本当に偉大だなと思いました(笑)

渓流では9センチの金黒がおすすめで使い方はストップ・アンド・ゴーとグリグリメソッドが有名ですが潜らせて浮かせるのもおすすめです。ちょっと気温がこれから更に下がってきてさすがにシンキングミノーが強くなると思うので来年のハイシーズンにブラウントラウトを狙うならぜひ試してみてください。渓流なので遠投も必要なくF7やF9ならライナーでカバーの奥に入れる事が可能です。中古なら500円とかで買えて安くて釣れるのでおすすめです。

そしてラパラのオリジナルフローターはF3からF13までのサイズなら2~7グラムなのでウェイト的にシエラにピッタリなバルサミノーになります。

Hokkaido Japan
Brown trout
Angler:Yoshiyuki Ogawa
Rod:Beams sierra 5.2UL

Fishman New item

イベント

2020年12月10日~20日 上州屋金沢金石店様 2021年1月22日~24日 釣りフェスティバル 2021 2021年2月7日 フィッシングショーOSAKA 2021 Web&TV 2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook