Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

泣いても笑っても、遂に渓流最終日

time 2018/10/05

ヤマメ

2018年9月30日。
泣いても笑っても、遂に渓流最終日。
3月から沢を、山を駆け巡り、
鱒達を追い掛けた今シーズンもラスト。
物寂しくもありますが、それも渓流釣りの魅力です。

昼過ぎ頃から地元の川を歩きだし、
目に付くポイントを撃ちながら、
ここであのイワナが出たなー、
あそこはヤマメをバラしたなー!
など、シーズンを振り返りながら、
魚を探して遡行していきます。
が、さすが晩秋のトラウトは難しい。
水温の推移は魚に産卵を意識させ、
警戒心はMaxな様子。
ファーストキャストで追ってきても、
口を使わず、すぐ反転して、
そしてもう出て来ない。
気難しい魚に苦戦しながらも、
イワナをボチボチとキャッチしていきます。
秋の色使いのイワナに気分はとても良く、
最終日の釣りにふさわしい、
ゆったりした時間を過ごしました。

そして最後のピン、退渓場所の直前。
やや日射しも陰った大岩後ろの巻き返し流。
少し離れた立ち位置からのロングキャスト。
着水と同時のクラッチワークでルアーを操作した、
その瞬間、ビームスエクスパンのティップが入り、
バットセクションに掛かる魚の重さ!
でかい、これはバラせない!
イワナとは明らかに違う、激しいヘッドシェイク、
そしてドラグをヂリヂリと鳴らすダッシュ。
ヤマメか…?だとしたらかなりなサイズだ!

端から観たとしたらほんの十数秒のファイト、
だけど、ロッドを握る本人には、
時がゆっくり流れるような、
そんな至福の十数秒。
足元に寄せた魚は、まさに赤鬼の様相を呈した、
鼻曲がり婚姻色の雄の大ヤマメ。

降海せず、鱒化もせず、
河川居着きで成熟し婚姻色を纏ったそれは、
トラウトアングラーの夢の魚。

そんなヤマメが今年のラスト。
あの日あの時あの場所で起きた事は、
この記事を執筆している今でも
はっきり思い出せます。
そんな最高の思い出が出来た、
西村の2018年シーズン最終日でした。

皆様はどんなシーズンを過ごしましたか?
良い釣り、良い思い出が出来たでしょうか。
その思い出を酒の肴に、来季に心を踊らせるのが、
禁漁シーズンの楽しみ方ですよ。
新しい年も、ビームスブランシエラ、
そしてビームスエクスパンで渓流を歩くのが
とても、とっても待ち遠しいな…

じゃあ、また、来年!

ヤマメ

Niigata Japan
Cherrytrout
Angler: Hitoshi Nishimura
Rod:BeamsXpan43LTS

Beams Xpan4.3LTS製品ページはこちら
Beams Xpan4.3LTS関連記事はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook