Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

港内や内湾などでinteの出番が増えてちょこちょこライトゲームを楽しんでいます

time 2017/12/28

石川県の小嶋です。冬到来!雪が降り始めた石川県。冬の外洋は荒れすぎると釣りにならない事が多いですが、港内や内湾などでは釣りができるのでこの時期が来るとライトゲームに行く回数も多くなり、inteの出番が増えてちょこちょこライトゲームを楽しんでいます。

来年にはこのinteを使って今までなかなかやれなかったフィールドにも挑戦しようと思ってます!!

僕は特にプラッギングでのメバルが大好きで楽しんでますが、もちろんワームにも相性はよくアジにも最適です!!

僕のタックルですが、まずラインはPEの0.6~0.8号。リーダーは魚種によって太さはは使い分けてます。太くない?って思われるかもしれませんが、プラグのロストも減るし根周辺でヒットした時も安心。

そのタックルのままアジもやってますが、やはりアジには太い。なので最近は小粒のフロートや3g~5g程度までのキャロに、マスバリや1g以下のジグヘッドなどをつけて楽しんでます(^^)

振ってみて貰うとわかりますが、乗せ調子に見えて適度なハリがあるinte。ノリも良くて掛けていける絶妙な調子になってます!新機種ではありませんが、振った事がない方、ライトゲーム好きには是非触って欲しい1本です!!

Ishikawa Japan
Light game
Angler:Katsuyuki Kojima
Rod:Beams inte 7.9UL

TITAN SQUARE

Fishman DVD

Facebook

イベント

フィッシングショーinあおもり2018 キャスティング横浜磯子店