Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

本流遡上のサクラマスをベイトロッドで狙う。

time 2018/04/25

こんにちは、宮城の目黒です。

自分には毎年宮城でこの時期に追う魚がいます。
それはとても美しい魚体で魅力的なのですがとても気難しく自分が狙うターゲットとしては1番思い通りにならない魚…

そう、それが本流遡上のサクラマスです。

私が通うフィールドは北上川水系の追波川。
今期サクラマスに導入したのは新作のベイトロッドCRAWLAシリーズの83L +と92L +です。
83は小気味良い操作感でミノーのジャーキング向き、92L +は飛距離も稼げて全てのサクラマスルアーに対応出来るオールラウンダーな位置付け。

いつもその2タックルを抱えて釣行を重ねましたが大河川の追波川には92L +の出番が多かったです。

しかし、現実は甘くなく3月頃から暇を見て通い始めて釣行5回目まではノーバイトノーフィッシュの完全試合。

根気良く通った6度目の追波川。
そう、この日は違いました。

朝一のポイントは不発でしたがポイント移動すると早々にバイト、その後ルアーにチェイスも見えました。

「釣るなら今日しかない!」そう強く想いを込めて1キャスト1キャストに集中すると…

ゴンっ!!と待望のサクラマス特有のアタリ出だ時はアドレナリンが吹き出る感じがしました!

しかし92L +でのファイトは思いの外冷静に行えました。
しっかりとサクラマスのローリングにも追従し全くバレる気はせず時折走られても無理なく落ち着いてネットインする事が出来ました。

いや、苦労はしましたがこの瞬間は全て報われる至福の時ですね。
今年も綺麗な魚体の感慨深い1本を手にする事が出来ました。

Miyagi Japan
Cherry salmon
Angler : Takehisa Meguro
Rod : Beams CRAWLA 9.2L+プロト

Beams CRAWLA 9.2L+製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook