Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

寒の戻りで大苦戦の渓流釣行!

time 2019/04/22

こんにちは!
新潟のAUX松野です。

渓流が解禁してから1ヶ月が過ぎ、トラウトのハイシーズンもこれからというところです。
山はまだ白化粧はしてるものの、すっかり下界は春真っ只中。
気持ちはウキウキなんですが、新潟では4月の初旬に寒波が来て雪が降ったり…と思いきや、急な気温の上昇で雪代がドカッと入ったり…。
もちろん川も天候不順の影響を受けないわけがなく、まだまだ魚達が元気に飛び出してくるような状況ではありません。
むしろ解禁直後より厳しいのでは?なんて日もあったりします。

そんな厳しい中ですが沢上りに体が慣れてきたので、今回はBeamsXpan4.3LTSを背中に背負ってガッツリと沢上りならぬ山登り(笑)をしてきました。

このロッドの携帯性にものを言わせて”更に奥地へ侵入”!
まだ雪が残る沢沿いは雪壁が高かったりするので、壁を降りてちょっと竿出して釣り上がってはまたその壁を登って次のポイントへ…。
とても面倒で非効率な釣り方のように感じますが、振り出し竿のXpan4.3LTSなら釣りの準備も収納も早く、それほどストレスにはなりません。
それを背負ってしまえばリスクがある渓流歩きもより安全にできます。
可能性のある大場所だけを叩いて行くのであれば竿をたたんで移動し、気になるポイントがあればサッと竿を伸ばしてピン撃ち!
高い携帯性をいかしてより安全に渓流をランガン!
そんな釣り方もできるわけです。

そして、厳しい状況の中で出てくれた綺麗な一尾…。
イワナ
イワナ
イワナ
サイズこそ出なくても、魚の顔を見ることができただけでそこまで歩いた価値があります。
渓流はとにかく歩いたもん勝ち!!
次はもっと奥まで…と、日々脳内妄想に励んでおります(笑)
Nigata Japan
Char
Rod:BeamsXpan4.3LTS
Angler:NaohitoMatsuno

関連ページ

Beams Xpan4.3LTS製品ページはこちら
Beams Xpan4.3LTS関連記事はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

5/25~26 トビヌケ平店・植田店試投会&展示受注会

Facebook