Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

渓流解禁!いざ残雪の小沢へ…

time 2019/03/11

どうも新潟のAUX松野です。

ついにこの日がやってきました!
待ちに待った渓流の解禁です。
全国の渓流釣り師の方々の中には解禁当日からスタートダッシュをかました人も少ないと思います(笑)
僕も気持ちだけはそんな感じでしたが、実際の初釣行は解禁2日後でした。

毎年この時期の渓の周囲はまだ雪が深く、入渓まではかんじきやスノーシューを履いて移動するのですが、今年は雪が溶けるのが早く入渓も楽で足が軽い。
右手にはもちろん最新の渓流ロッド!
「BeamsXpan4.3LTS」
さすがに解禁一発目なのでこのロッドの携帯性を生かして”更に奥地へ侵入”することはありませんでしたが…。

フィールドはもちろん通い慣れた薮沢。
そして開けて好き放題ロッドを振れるようなポイントには魚はついておらず、決まって魚が出るのは立ち位置もキャストした先も植生が邪魔していかにも面倒臭いポイント。
そして今回の釣行で出た魚もまさにそんなポイントでした。
昨年まで blancsierra5.2ULで苦労してたポイントですが、エクスパンだとストレスゼロ。
ある意味その約1ftの差でポイントが開けた感じ。
自分のキャスティングが急に上手くなったんじゃないかと錯覚するほど、目の前のポイントへのピン撃ちが自由自在!
時期的に決して釣るのが容易ではないためあまり欲を出さずに行こうか…なんて思ってたがヤツが一瞬顔を出しやがった!
こうなっては釣り人の性、本気にならない訳がない(笑)
あの手この手でそのポイントの”最奥”から引っ張りだしたのは今年一本目にふさわしい綺麗な魚体!

しばらく魚を眺めながら余韻に浸りこの日の釣行は終了。
時間帯もちょうど雪代が出る頃で退渓するにはいいタイミングでした。
短時間の釣行ではありましたが、Xpan4.3LTSのシェイクダウンとフィールドの確認兼ねての釣行としては得るものが多くあり良い日となりました

次回は更に奥地へ…今年も禁漁まで暴れますよ!(笑)





Nigata Japan
Char
Rod・BeamsXpan4.3LTS
Angler・NaohitoMatsuno
Beams Xpan4.3LTS製品ページはこちら
Beams Xpan4.3LTS関連記事はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

10/5-6 上州屋上越店・新長岡店展示受注会 10/26-27 山本釣具シーバスパーティー 11/3 キャスティングSpecialPresents SEABASSFESTA2019

Facebook