Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

盛夏の本流レインボーチャレンジ!

time 2020/08/21

新潟AUXの松野です。
今年のトラウトシーズンも残り1ヶ月ちょっとで禁漁を迎えようとしてる中、まだ今シーズンに釣ってない奴を獲ってやろう!と意気込みいざ本流へ車を走らせました。
狙うは川底に潜む、本流ワイルドレインボー!
こいつはイワナやヤマメとは違う暴力的な引き味で中毒性の高いターゲット。個人的には1番好きなターゲットで、渓流ではなく本流で、コイツを釣らなきゃシーズンは終われない!と思い気合を入れて行ってきました。

気持ち濁りが入ったホーム河川。
得意のスプーンでランガンしながら得意なランを見つけてはじっくり探り…。
しかし、まるで反応がないまま本命のポイントに到着。
ここで出なきゃお手上げだな…とタイムリミットを決め、じっくりとしつこくスプーンを流す。
途中ウグイが釣れたりとちょっとゲストに遊んでもらいながらも、ターゲットはあくまでもデカニジ。
日も暮れ始め今日はダメか…と諦めかけたその時!!

何も起きませんでした(笑)

気持ちも集中力も切れてあと数投で帰るか~と、気になる流れにスプーンを送って行くとコツッ…と違和感。
OFFだったヤル気スイッチが一瞬でONへ!
瞬間的に電撃フッキングを入れた直後、ガンガン下流に走る「そいつ」は間違いなく「ヤツ」だ!!と確信
流れの中を綱引きしながら無事ネットイン…アレ?思ったより大きくない(笑)


つくづく本流レインボーはスゲェなと改めて魅力を実感した釣行でした。
ワイルドレインボー

今回のロッドはBeams LOWER8.6L
長さを活かしたルアー操作もしやすく、柔軟なティップ、靱矢かながら芯のあるベリー~バットは、デカイ魚がかかっても安心感があり本流トラウトの釣りでは自分はこの竿一択になります。
また、この竿は気持ち良く曲がってるくれるので、投げても魚をかけてもとにかく楽しいロッドです。
ライトプラグが得意なロッドなので、その辺りの釣りなら正直「なんでもイケる」楽しいロッドです。
私はこのロッドを持って、もっとデカイレインボーを引き続き狙って行きます(笑)

【タックルデータ】
ロッド:Beams LOWER8.6L(Fishman)
リール:カルカッタコンクエストBFS(SHIMANO)
ライン:オシアジガー 1号(SHIMANO)
リーダー:ファイター ナイロンハリス 3号(山豊テグス)
Lure:BUX5.1g (アングラーズシステム)

Nigata Japan
Rainbow Trout
Rod:Beams LOWER8.6L
Angler:NaohitoMatsuno

関連ページ

Beams LOWER8.6L製品ページはこちら
Beams LOWER8.6L関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

Facebook