Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。


 

初夏の高水温に悪戦苦闘 渓流イワナ攻略

time 2020/06/29

新潟のAUX松野です。
先日久しぶりに丸一日渓流釣りができる時間ができたので、早速行ってきました。

初夏と言えどもまだ6月…そこまで渋くないだろうと余裕をこいてましたが、沢を覗くと少し濁りがありいざ入渓すると水がぬるい…。
自分が想像してたのと全く真逆の状況でした。
魚がルアーを追ってくる姿もなかなか確認できず焦る一方(笑)

そんな状況で沢を上っていくと、その日1番の大場所に到着!
水深もあり、魚が着かないわけがない環境が整ったポイントでした。
そこまではシンキングミノーで撃ち上ってきたところをスプーンにチェンジ!
水温が高いので魚がなかなか追って来ない状況…。
ならば!と、なるべく水温の低いボトム付近を底からルアーを離さないような釣りに切り替えました。

答えは早く、すぐにバイトが!しかしのらず…。
フックに触れたならば次は無いなと、ダメ元でもうワンキャスト。
そんな神頼みのキャストに魚が応えてくれました。
ガンガンドラグを出し、縦横無尽に走り回るファイター。
久しぶりにアドレナリンが出まくり!
ロッドのベリー後半まで曲げられながらネットインしたイワナはマッチョ!!
イワナ
立派な魚体で惚れ惚れするような魚でした。
イワナ

その後は上るにつれ水温も安定してきたのか、飽きない程度にイワナの顔を見て納竿。
結果的に満足できた釣行でした。

これから夏本番になり高水温、渇水に悩まされるシーズンに入りますが、自分の釣りの引き出しをフルに生かして貴重な1尾を獲りに行こうと思います。
【タックルデータ】
ロッド:Jointer×Fishman Beams blancsierra 52UL Equality ※販売元WILD-1様
リール:アルデバランBFS XG(SHIMANO)
ライン:オシアジガー 0.6号(SHIMANO)
リーダー:ファイター ナイロンハリス 2号(山豊テグス)
Lure:BUX 5.1g (アングラーズシステム)
フィールド:新潟県 渓流
アングラー:AUX 松野直人

Fishman New item

イベント

8/22~23 新潟ルアーフェスタ2020

Facebook