Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

Xpan時々inteな解禁直後の渓流釣行

time 2020/03/24

どうも新潟のAUX松野です。

やっと3月に入り、新潟もまだかまだかと待ちわびていた渓流が解禁になりました。
解禁日が休日ということもあり、解禁日とその翌日の2日間に渡って早速行ってきました。
相棒はBeams Xpan4.3LTS!
そしてひっそりと車にBeams inte7.9ULを忍ばせておきますw

まずはXpanを持って久しぶりの沢歩き!
今年の新潟はかなりの小雪のため、遡行も非常に楽。
解禁日まで天気も安定してたため、水温も例年より高め。
解禁からたくさんの岩魚達が釣れてくれました。
イワナ

Xpanを曲げまくってるとふと欲が出ました…。
もっとデカイ魚が釣りたいなと…。

ハイシーズンになると周りが藪で囲まれ、近づくことすら困難な堰堤で堰き止められてできたダム。
ここで一発出したいなと思いタックルをXpanからinteへチェンジ!スプーンを遠投しボトムからゆ~っくりと巻いてくる…。
そんな動きのない地味な釣りですが、そんな静寂の中で急にひったくられる感覚!
目が覚めるような感覚でたまらない瞬間でもあります。

柳竿のようなライトゲームロッドのinteは魚の引きに追従して綺麗なベンドカーブを描きます。
のされるのではなく追従する。
ドラグでテンションかけながら巻いていれば魚が走りたいときに走らせ、それをやめるとグイグイと魚を寄せられるパワーを持ったロッドです。
今回2日間の釣行での1番の個体を釣り上げ満足いく解禁釣行でした。
イワナ

もし皆さんがいくフィールドの中にダムのような広いオープンウォーターがあるエリアなら、一本長尺のライトな竿があるとちょっと違う楽しみ方が出来ると思います。
Nigata Japan
Char
Rod:Beams Xpan4.3LTS Beams inte7.9UL
Angler:Naohito Matsuno

関連ページ

Beams Xpan4.3LTS製品ページはこちら
Beams Xpan4.3LTS関連記事はこちら

Beams inte7.9UL製品ページはこちら
Beams inte7.9UL記事一覧はこちら

Fishman New item

イベント

Facebook