Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

先日、夜磯での尺メバルをビームス インテ7.9ULでやっと釣り上げる事が出来ました!

time 2018/05/16

こんにちは!石川県の小嶋です

やっと仕事が落ちついてきたので、各フィールド走り回っております!!

先日、夜磯での尺メバルをやっと釣り上げる事が出来ました。

当日は中潮で上げ3分付近からポイントに入る。足元から5m先はは藻がビッシリ。その先も藻が縦にかなり伸びていて、プラグを引いて来ると毎投藻が絡みついてくる…扇状にキャストを繰り返し、二箇所ほど着水点から5m位はルアーを巻いてこれるコースがあり、水面下50cm位は引いてこれるイメージ。ルアーは飛距離の出るシンペン。その2コースを交互に表層、藻ギリギリを繰り返し撃ち続けていると、上げ止まり付近でココッとショートバイトが何回か。ロッドティップを上げラインを張らず緩めずスローに巻いてくるとinteが一気にバット近くまで曲がった。

この後また大変。ラインシステムは太めの物を使用していたので安心でしたが、フックが心配…そう!手前の藻に絡んだ時ですよ 笑

縦に何本も藻があるので必ず引っかかる…

釣り上げるまでに4回は藻に絡んだがファイト中、藻の根までは行かせない。表層付近の藻に引っかかる程度なら無理に引きずり出さず、ジンワリ巻くを繰り返しなんとかキャッチ出来ました!

釣り上げた後思ったことですが、ルアーを見てしなやかなでバットにパワーを持ったinteで良かった。そんな無理やり引きずり出した訳ではないけどフロント、リアフック共に1本ずつ折れていて、もし強めのロッドを使っていて無理に引きずり出してたらバレてたかも…

待望の尺メバル!やっとキャッチ出来ました♪ますますライトゲームにハマりそうだ!!

さぁ次は何を狙いに行こうかな♪

ロッド:Beams inte 7.9UL
リール:アルデバランBFS (アベイル深溝スプールにPE0.6 リーダーフロロ16lb)
ルアー:パンチライン45

Ishikawa Japan
Japanese sea perch
Angler:Katsuyuki Kojima

関連ページ

Beams inte 7.9UL記事一覧はこちら
Beams inte 7.9UL製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook