Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

ベッコウゾイ(タケノコメバル)をライトテキサスゲームで狙って来ました

time 2018/07/17

ベッコウゾイ(タケノコメバル)

こんにちは石川県の小嶋です。梅雨が明けて夏がやって来たと同時に釣り物も増えあれやこれやと走り回っています。

最近巻きの釣りが多かったので久しぶりに縦の釣りをしたくなりベッコウゾイ(タケノコメバル)をライトテキサスゲームで狙って来ました。CRAWLAシリーズはL+と言うアクション表記を見てわかると思いますが、良く曲がる機種。感知の釣りには向かないのでは?と思われると思いますが、ハリがかなり強い機種ですので、よほど重いものでなければ充分対応します。

夏場ホンダワラの量が減り、ライトカバーになっているんですが、シンカーのウェイトも軽くしフォールをゆっくりにして藻の上や際、隙間に落としてやるとかなり反応が良くバイトが良く出る。このような状況では最高に楽しい。

ハードロックフィッシュの釣りは基本硬いロッドでカバーに撃ち込み一気に抜くんですが引きを楽しむ面ではライトタックルの方が楽しい。ライトすぎると藻や根に入られキャッチ出来ない。この痒い所に手が届くのが6.6L+。僕が使うのはシンカーは3.5g~10g+フック+4インチ位のワームの重量位なので、重くても15gほど。これくらいであればティップのソフトさを気にせずボトムパンプ出来ます。

藻の際をトントンとリフト&フォールしてやると気持ちいいググン!とバイトが連発!フォール中のバイトもティップがククッと入るのでしばらく離さず咥えててくれます。

CRAWLAシリーズでは6.6L+が1番ベリー部が強く感じる機種なので、ベリーからバット部でカバーからの引きずり出しは充分出来ます。(注意。パンチングの様な釣りには向きませんよ?)

カバーを狙う釣りはファイト時間は一瞬。長く引きを楽しむっていうのは根に入られたりバラしに繋がるので基本ゴリ巻きですが、フッキングの瞬間一気にロッドが曲がるのはかなり楽しい!硬いロッドには無い楽しみがあります♪

プラグ系はもちろんワームの釣りもこなせる6.6L+。コイツも楽しめる機種ですよ(^^)

ベッコウゾイ(タケノコメバル)

ベッコウゾイ(タケノコメバル)

Ishikawa Japan
Rock fish
Angler:Katsuyuki Kojima
Rod:Beams CRAWLA6.6L+

Beams CRAWLA 6.6L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA 6.6L+記事一覧はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook