Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

縦の誘いはベイトタックルが圧倒的有利!ベイトショアスロー!

time 2019/11/22

こんにちは神奈川の小笠原です!
今回は来期発売モデルのBRIST VENDAVAL10.1Mプロトでの、ベイトショアスローについてお話ししたいと思います。

ここ数年で確立された釣りの1つであるショアスロー。
ショアからのスロージギングとなるわけですが、一般的な青物狙いのショアジギングと違い、メタルジグのフォールを多用して誘うショアジギングになります。
通常のショアジギングはジャカジャカ巻きなどに代表される横方向への動きを主としますが、ショアスローは1ジャーク毎にフォールを織り交ぜたりと縦方向の動きを主としてスローに誘います。

専用のメタルジグを始め、スピニングの専用ロッドもたくさんありますよね。
この釣り方と専用のメタルジグやスピニングの専用ロッドを見て私は思ったのです。
フォール主体の縦の動きで誘うショアスローはベイトタックルと相性抜群なのでは?

この事を試してみるべく、メタルジグ縛りでいつもの磯に行って来ました!
使用ロッドはプロトのvendaval10.1M。
リールはダイワのスティーズA twを使用し、ラインはvendaval10.1Mの繊細なティップを最大限に生かす為にpe1.2号を使用してます。
こちらのタックルに40gのメタルジグをつけて遠投!
立ち位置から80メートル程先にあるシモリ根を正確に狙います。

潮で流される距離を逆算してキャストし、一度ボトムを取ります。
ちなみにこのポイントは水深20~30メートル程ありますが、ベイトリールに細糸の組み合わせは非常にボトムが取りやすいです。
ボトム着底後すぐにアクションを開始して、5回程スローにジャーク、そのままクラッチを切ってボトムを取るという感じでネチネチとシモリ根の周りを探ります。

1投目のジャーク後のフォールのタイミングで違和感を感じ、そのままスプールを親指で押さえたまま合わせを入れてヒット!
ヒット直後から根に一気に突っ込むのでハタだと確信!
vendaval10.1Mのバッドで一気に引き剥がしてランディング!
けっこうボトムから離して食わせたのでオオモンハタだと思ったのですが、ナイスサイズのアカハタでした。
アカハタ
アカハタ
その後も同じシモリ根を丁寧に探りアカハタとオオモンハタが連発!
アカハタ
オオモンハタ
アカハタ
アカハタ
アカハタ
ベイトショアスローの有効性を実感できた釣行でした。
そして40gのメタルジグを軽々と100m近く遠投して、ジグを跳ねさせ過ぎないライトなティップを搭載してるvendaval10.1Mのバランスの良さもしっかりと確認出来ました!

今回つれたのはハタのみでしたが、フラットフィッシュ、青物、タチウオ、シーバスなど様々な魚種が狙えるベイトショアスロー。
皆さまも是非ともやってみてください!
Kanagawa Japan
Grouper
Rod:BRIST VENDAVAL10.1Mプロト
Angler:Kenta Ogasawara

関連ページ

BRIST VENDAVAL10.1M関連記事はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/22~23 トラウトアングラーズミーティング2020in宮古 2/15-16 にいがたフィッシングショー 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook