Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

昔使っていたベイトリール

time 2016/12/05

12742528_569318846567100_6079624595556713546_n

こんにちは、西村です。
キープキャストも終わった2月下旬ですが、変わらず新潟の天気は最悪で、釣りどころじゃ無いんですよね。ですが来週は、ついに渓流が解禁です。ひさしぶりにULを振ってこれます!

ところで話は変わりますが、皆さんは、昔使っていたベイトリールはまだお持ちでしょうか。

若い頃にブラックバスで使ってた、とか、憧れてお小遣い貯めて買ったリールとか…。俺は全部後生大事に持ってます。

最近は性能を求めて、メーカーハイエンドを使ってばかりですが、せっかくロッドがあるんだし、たまには使ってみようかな?
って思う時があるんですよ。

小さい頃、雑誌や釣り漫画やTVで憧れて、一生懸命練習したもんです、俺も。まあ、当時のリールは、ベアリングが良くなかったり、ブレーキシステムが未熟だったりで、子供な俺には難しい難しい!

そんな時代に苦労したからこその今なんですが。ロッドも、びよんびよん曲がるだけだったり、凄まじい棒だったり。苦戦しましたが、それも良い思い出かな?で、現在。Fishmanロッドは、テイクバックをきちんと溜めれば気持ち良いキャストが出来ます。そしてリールが悲鳴をあげますw

ならば当時のリールをきちんとメンテナンスしたり、ベアリングを最新のに替えて、Fishmanロッドに載せたらどうなるんだろう…更には、今買えるロープライスなリールはどこまで性能が良くなったんだろう。て思ったんです先日。

もし旨く使えるなら、思い出のリールを今一度、実戦配備出来るじゃないのか?最新のロッドに思い出のリール。

そんなちょっとしたノスタルジアに浸るのもまた楽しい時間の使い方になるんじゃないかな。更には近年目覚ましい進化をしている、各社ロープライス機種。

これらを載せてのキャストもしてみたい…
そんな訳で、もう少し暖かくなったら、思い出のリール、型遅れのリール、ロープライスリール、各社の様々な機種、色々投げ比べしてみたいと思います!

TITAN SQUARE

Fishman DVD

Facebook

イベント