Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

ペニーサックでシーバスのランカーを仕留める

time 2017/12/08

遂に広島アングラーが待ちに待ったハイシーズンがやってきました!
しばらく仕事が忙しく釣りに出れてなく調査不足スタート
さすが秋!どこも人だらけ!

仕方ないのでオープンエリアの人のいないところへ、、、
この日は寒波が直撃した日、山間部では雪、市街地では冷たい雨が…このような変化があった場合ベイトの位置が一気にズレ込む事がある、それを予測したエリアを選択はしたはずだが…

地合いが近付いてくるにつれ、浸かっているとワシャワシャと水面を騒がせながら下っていくベイトが次々と…

あぁ…これはイナっ子か…外してしまったか…

そこでイナっ子パターン狙いで小さめのジョインテッドクロー128を投入
サクサクっと3本ほど70クラス〜のセイゴを捕獲、そして地合い終了…と、思いきや!

突然追われ出す大きなベイト!

これは…と思ってるとダウンに漂わせていたジョインテッドクロー128にガツン!と強烈なバイト!

今までのシーバスとはレベルの違うパワフルで強烈なファイト!
油断していたがそこはベンダバールのバッドパワーで耐えランディング…上がってきた個体は銀ピカの90オーバー

これは…ベイトが切り替わった!
そこで急いでジョインテッドクローマグナムを投入!
一投でHITするもバラし…

高活性すぎるのと混合ベイトのおかげでうまく食いきれてないイメージ、
そこでルアーを少し落としペニーサックを投入
またまたガツンと強烈なバイト!

今度のはかなりの重量感…
流れにのり一瞬制御不能に、、、

さっきからかかりが浅いので慎重に、、、ベンダバールに全てを託しゆっくりと間合いを詰める…

オーシャングリップを口にはめた直後にも強烈に大暴れしこれまた制御不能!
だが…仕留めた!!!

仕留めたシーバスが口から吐き出したベイトは30センチ近くのコノシロ!
83センチと長さはないが、、、銀ピカでゴンブト!

コノシロを吐き出しても重さは6キロを優に超える…これぞ広島シーバス!
写真では伝わりにくいのがとても残念…

この日はイナっ子〜コノシロパターンへと切り替わるとても難しい状況でしたが
ベンダバールの汎用性に助けられました。

ですがベンダバールで4ozを投げるのはくれぐれも自己判断で…
それぐらい強い竿だという事だけお伝えします。

Hiroshima Japan
Seabass
Rod :BRIST vendaval8.9M
Angler :Toshinori Yamasaki

BRIST vendaval 8.9M製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook