Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

ポイントに着くと、岸際にベイトの群れとそれにボイルしているシーバスを発見。

time 2018/08/23

シーバス

みなさんこんにちは、茨城の鈴木です。
夜の暑さも少し落ち着き、夜釣りが少しずつ快適になってきましたね(^-^)
シーバスの活性も上がってきて楽しい季節になってきましたね☆

さて、私の地元のフィールドですが、ベイトサイズがまだそれほど大きくなく、ようやく10cm近くまで育ってきたかな、というところです。
最近発売されたMegabassさんのKAGELOU100Fがちょうど良いサイズ感。
そのあまりの人気に、私の地元でも即完売してしまい、自分の分を買いそびれてしまいました(泣)
なので、以前頂いた最終サンプル品を持って河川へ。

ポイントに着くと、岸際にベイトの群れとそれにボイルしているシーバスを発見。
足音を立てぬよう、そ〜っと川へ近づく。
ベイトの群れから20mほど先の位置へキャスト。

ゆっくりとリトリーブし、ベイトの群れへルアーを近づかせる。
KAGELOU100Fが群れに近づいたところでジャークを入れてベイトを驚かせる。
そしてベイトがパニックになったところで逃げ回るベイトを演出するように早巻きすると、一気に下から食い上げるバイトと共に水柱が立つ!

『おいおい、まだ1投目だぞ(笑)』

すかさずフッキングを叩き込み、一気に寄せてくると本命のシーバス。
ガッツリとしたハーモニカ食いでした(^-^)

シーバスのハーモニカ食い

よほど美味しそうに見えたのでしょうね(笑)
短時間釣行でしたが、真夏のシャローゲームを楽しむ事ができました♪

小さいルアーから大きいルアーまで、1年で最も多彩なルアーでシーバスを狙えるこの時期だからこそ、CRAWLAのようなバーサタイルロッドが必需品になりますね(^-^)
特に9.2L+はCRAWLAシリーズの中で最もバーサタイル性が1番高いモデルなので、夏の釣りを最高に楽しくしてくれますよ♪

Beams CRAWLA 9.2L+

【タックルデータ】
・DAIWA / RYOGA1016H
・山豊テグス / レジンシェラー 1.5号
・山豊テグス / フロロショックリーダー 5号
・Megabass /KAGELOU 100F
・fimo / fimoフック 5番

Ibaraki Japan
Sea bass
Rod:Beams CRAWLA 9.2L+
Angler:Takafumi Suzuki

Beams CRAWLA 9.2L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA 9.2L+関連記事はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook