Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

50オーバーと思われるブラウントラウトのリベンジ

time 2017/03/01


前回、50オーバーと思われるブラウントラウトを逃した相方にリベンジして貰うためにまたまた同じ渓流へ行って来ました。

いかにも出そうなポイントは全て先行して貰いましたが不発。
もうちょっと気温が上がって欲しい感じでしたが、前回のように小さい魚のチェイスすらなく、魚が貯まっていたと思われるポイントも無反応。
どう考えてもいるならここ!というプールでしばらく粘るも何もなし。

とりあえず交代して、攻めきれてなかった倒木の枝付近にキャストしてフォールさせると一撃でヒット。上がって来たのは50オーバーのブラウントラウトでした。

なぜ相方にヒットせずに私にヒットしたのか
それは完全にプールの最深部を意識してるか、例え枝が邪魔をしていてもそこにルアーを到達させる為に躊躇なくなるべく奥へ入れれるかがポイントになりました。

また、この時期は魚が浮いてこない、チェイスしてこないで射程距離がかなり短い。つまり、如何にして魚の眼の前をレンジ合わせてボトムを通すかがポイントになります。

この時期のブラウントラウトはボトムをスローに攻めるのが鉄板になります。また、カバーも見逃せません。カバーに入れるだけじゃダメでしっかりとボトムまで落としてから誘うのがキモになります。

Hokkaido Japan
Brown trout
Angler:Yoshiyuki Ogawa
Rod:Beams sierra 5.2UL

TITAN SQUARE

Fishman DVD

Facebook

イベント

フィッシングショーinあおもり2018 キャスティング横浜磯子店