Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

大雪直後のロックフィッシュゲームに挑戦してきました。

time 2017/12/13

こんにちは、北海道の佐藤です。

大雪直後のロックフィッシュゲームに挑戦してきました。

狙えるソイのサイズは20㎝前後。通常ならBeams inte7.9ULがベストマッチですが今回はあえて、来年発売予定のBeams CRAWLA6.6L+を使用することにしました。

足場の良い岸壁でボトムを狙う釣りをするにもぴったりな、スーパーバーサタイルロッドです。3~10gのシンカーを用意して、スイミングやリフトフォール、ボトムずる引きで狙っていきますが…まさに通り過ぎたばかりの寒波の影響か、非常に低活性。

ワームもどんどん小さくしていきますが、なかなかしっかりしたアタリが出ません。
そんな中、フォール中にコツンと出た小さなアタリにしっかりフッキング!

遠目でのアタリですがBeams CRAWLA6.6L+の感度と、やや張りのあるベリーが生むフッキングパワーでガッチリかけることが出来ました。
幅広いゲームに対応できるバーサタイルロッドBeams CRAWLA6.6L+、来年発売です!

Hokkaido Japan
Rockfish
Angler:Takuo Sato
Rod:Beams CRAWLA6.6L+

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook