Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

sierra5.2ULでロックフィッシュをターゲットに釣行してきました。

time 2016/12/28

こんにちは。FishmanAUXの松原です。今回はsierra5.2ULでロックフィッシュをターゲットに釣行してきました。僕にとってこのゲームは凄く癒しの釣りで、毎回散歩のような感覚で1、2時間ほどゆっくり歩きながら各ポイントを探っていきます。

 20時頃に現地に着き、sierra5.2ULを片手にゴロタ浜を歩き沖の沈みテトラの周りにキャスト。表層から順番に層を下げていきます。トンっ。かわいいアタリで15㎝ほどのガシラゲット。たてつづきに連続ヒット。サイズこそ小さいですが良く曲がるこのロッドで釣ると凄い楽しいです。
 次は小型のスローシンキングのミノーでテトラ沿いを打っていきます。リーダーを太めに結び変え大きな魚がかかった場合の根ずれへの対応をして挑みます。僕のアクションは、ただ巻き、ストップ&ゴー、フォールしワンアクションというようなベターな攻め方ですが水の層やテトラの切れ間などの「そこに通したい。ここでこのアクション。」と言う様な繊細な釣りでは、操作性やキャストの手返しの良さなどでsierra5.2ULは抜群の威力を発揮します。

 ゆっくりとカーブフォールさせ、ワンアクションさせるとテトラの中から大きな個体が出てきバイト。この一匹はしっかり捕りたいので、やり取りは慎重に。潜ろうとする個体を強引にsierra5.2ULで引きずり出し少しの間やり取りをして無事ランディング完了。納得のサイズ。タケノコメバル34㎝。

sierra5.2ULは軽量のプラグやジグヘッドを扱うことができ、小型の魚でも十分楽しむ事も出来ますし、太いバッド部をうまく使えば前回の様な81cmのシーバスもとることが出来ます。アジングやメバリング、チニングなどまだまだこのロッドで出来ることはたくさんありそうですね。もうじき大阪もシーズンオフになりますが今年の冬はsierra5.2ULでの釣行で楽しく乗り切れそうです

Japan Osaka
Sebastes Oblongus
Angler:Takumasa Matsubara
Rod:Beams sierra5.2UL

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook