Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

World Tester RYOが海外遠征で共にするアイテムをご紹介!!

time 2019/12/02

你好!!日本の皆様こんにちは!!
World Tester台湾のRYOです。

今回ご紹介させて頂くのはロッドでもテクニックでもありません。
私が日々の海外遠征で共にする便利なアイテム。
フィッシュマンから発売されているバッカンのご紹介です。
バッカン
http://fishman.cart.fc2.com/ca8/232/p-r8-s/

ご存知の通り釣り道具を入れるソフトタイプのバッカンですが、このバッカンを使用している理由は単純で「折りたためる」からです。
バッカン
バッカンは各社から様々な製品が発売されています。
ハードタイプや完全防水タイプなど…。
正直、総合的な性能はフィッシュマン製品を上回る商品が数多ございます。
過酷な環境の海外遠征の場合は、壊れなくて、強くて、濡れない。など、当然ながら上記の条件を全て満たしてくれるアイテムが良いに決まっています。

しかし、私の海外遠征の場合は飛行機に預けられる荷物の重量制限があったりと、スーツケースの中にロッドからルアーまで全ての荷物を収納することを基本としています。
この時点で「折りたためる」「軽い」と言うのが、最低条件なのです。
フィッシュマンのバッカンならばそのまま潰して小さくすることが可能なので、スーツケースに収納することが可能です。
もしくは、機内持ち込み荷物のバッグとしても使用することも可能なのです。

釣りを行く際に使用するバッグ。

私の中では、非常に重要なアイテムとなります。
ストレスなく一日釣りに集中出来ることができるかが、釣果を大きく左右します。
私の場合で言うと、狭いボートの中で2名乗船したり、キャスティングスペースを確保したり、実際にはボートに持ち込める荷物の量も限られるのです。

フィッシュマンのソフトバッカンはサイズ的にも丁度良く、ある程度の雨ならば雨水の侵入も防ぐことも可能です。
実際に釣りをする場合は、1日の中で何度も荷物の入ったバッカンから荷物を出し入れするので、スピーディーに蓋のチャックが開閉できるタイプがベストです。
このように多少濡れても良いものならば、簡単に出し入れ収納できるタイプのバッカンが便利です。

ここで余談的なお話ですが、海外遠征の際に起こった出来事をご紹介。
(あくまでも私の体験談なので故意に真似しないように…)
ケース.1
トラブルによりバッカンがボートの外へ投げ出された時がありました。
中身にはルアーや荷物が満杯で5kg前後の重さはあったかと思います。
なんと、その状況でも水面に浮いていたのです。
もちろん無事に回収できました。

ケース.2
川に入水して対岸へ横断する際に、ソフトバッカンの上にロッドの束を載せてビーチボート替わりにして泳いだこともあります。

ケース.3
東南アジア特有の激しいスコールに遭遇した際には、ボートへ溜まった大量の雨水で沈没する勢いのボート内の水をバッカンで掻きだしたこともありました。

あくまでも上記は例外ですが、このような緊急事態にも助けられたこともあるフィッシュマンのバッカンです。
一見するとシンプルなバッカンで、大きな特徴のあるものではありません。
「シンプル イズ ベスト」と言う言葉があるように、今回は便利で手頃な価格のフィッシュマン バッカンをご紹介させて頂きました。

ちなみに私の場合バッカンは釣り用品専用に使用しているので、完全防水バッグも別に持ち込んでおりこの中に貴重品やカメラやバッテリー等を収納しています。

それでは台湾からRYOがお届けさせて頂きました。
世界中でFishman!!
Item introduction
Item:Fishman container
Angler:Ryo

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/22~23 トラウトアングラーズミーティング2020in宮古 2/15-16 にいがたフィッシングショー 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook