Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

BC4 6.10XHが驚異のしなり!新年一発目からモンスターフィッシュ!?

time 2019/01/09

豪州テスターの龍です。
昨年は皆さんからフィッシュマンへの多くのサポートありがとうございました。
今年も宜しく御願い致します。

さて、この時期は毎年マングローブジャックを追っかけているのですが、今年は新年早々に事件勃発。w
今年はBC4 6.10XHを調達し、例年よりもビッグベイトでジャックを狙っている時間を費やしました。
この竿はビッグベイトのピン打ちがとてもしやすく、キャストがバシバシ決まるので楽しい!
そして何よりもビッグベイトで結果を残したく頑張って投げ続けてました。
以前、ワームを使って狙っていた時から少し通し方を変えたりしたところ、魚への反応が良くなり、今ではビッグベイトの方が釣れる気しかしなくなるほどはまってます。

しかし、そんなビッグベイトゲームでもノーバイトノーチェイスの苦しい状況も多くあるのがジャック釣り。
この日もそんな日で夜中から朝イチ、そして朝2まで何も反応がない最悪の時でした。
新年早々ジャック釣りの制裁をくらうのか何て思いましたが、何としても新年一発目で釣ってやると言う方が勝りキャストし続けました。

悪い状況でも少しでもバイトが出そうだなと思うと、灼熱でも投げ続けられるある意味病気の自分。
ここには絶対に居るだろうなんて思わさせる、中型船が停泊しているポンツーン。キャストはしっかりピンを打ち、リトリーブも大事にゆっくり引く。
ビッグベイトがポンツーンを過ぎ、ボートの横、エンジンの横を過ぎる。
「あーこの辺で食うのになー」なんて思いながら引くが反応が無く、そのまま回収しようと思いました。

しかし得意の野生の感か最後の最後までゆっくり引こうと思い、ボートの近くまで引いてきて、やっぱり駄目かー….なんて思った瞬間、下からいきなりやって来たモンスターフィッシュ。
ポンツーンからユラリと姿を現し、ボート際までチェイス。
そしてなんの躊躇もなくビッグベイトを丸呑みにした。
自分と同行者の豪君が口を揃えて言った。「マジか!」

食った魚は巨大なハタ。
そして食ったと同時にものすごい勢いで住処であろうポンツーンに向かって激しく引く!!
フルロックにサミングしてるリールから物凄い勢いでラインが出される。
しかし止めなければいけない状況なので無心にポンツーンから引き剥がす。
しかしサイズがサイズ。
激しく突っ込んでいくハタは自分のボートをもポンツーンに引きずり込み、そこに止まっているボートにぶつかりそうになった。
同行者の豪君にボートがクラッシュしないよう抑えてもらい、自分はエレキを使いフルスピードでそこから離れる。
その時のBC4 6.10XHのしなりは強烈。

しかし、その強烈な曲がりを更に曲げる勢いで魚を寄せる。
そしてボートがポンツーンから離れ、まさか….と思った時には、奥の奥に突っ込んだハタが一度水面まで上がってきた。
自分はその時「よっしゃーこれは獲った!!!!」とほぼ確信し、ゆっくりネットまで運ぶ。
すると、まだまだと言わんばかりにハタがまた水中に突っ込んだ。
この時のロッドの絞られ方は正にジギングの時の大型のヒラマサ。
ヒヤヒヤしながらもその究極のバトルに勝ったのはBC4 6.10XH。

コイツのパワーは3pcのBRISTcomodo6.10XHよりも勝る正にコンパクトパワーロッド。
自分の新たな最高の相棒です。皆さんコイツのポテンシャルは半端ないですよ。
世界中でFISHMAN🤙🤙🤙
魂交
魂交
魂交
魂交
Queensland
GROUPER
Angler:RYU
Rod:BC4 6.10XH
BC4 6.10XH製品ページはこちら
BC4 6.10XH関連記事はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

5/25~26 トビヌケ平店・植田店試投会&展示受注会

Facebook