Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

【シーバスパーティーin薩摩川内2018】

time 2018/11/27

皆様こんにちは。大分の梶原です。先日11/17~18に鹿児島で行われたアングラーズパーティーin薩摩川内2018に参加してきました。
シーバスパーティーin薩摩川内
試投会にご参加して下さった皆様ありがとうございました。
今回は鹿児島での釣行を書きたく思います。
鹿児島には約3年程前から年数回は足を運んでいるエリアで、特に川内川はもう何度も訪れたフィールドです。
しかし、何度も訪れたことはあるもののやはりアウェイで、容易に釣ることはできないだろうと思っていました。
状況的には大会前日の雨がキーとなった気がします。大会当日は前評判の高かった河川は大会終了後参加者から話しを聞いたところ、冷たい雨の影響で水温が低下し、全く振るわなかったとのこと。
前評判の高い河川は人も多いだろうと予測し、狙いから外していたのは今考えると結果からみれば正解だったように思えます。
私はポイントの多い川内川に狙いを絞っていました。しかし、大会当日は長潮というタイミングでなかなか潮が動かず、本当に投げれども投げれどもバイトが遠かった。
上げのタイミングで地元の同行者の判断で、川絡みのサーフへ移動。
ビッグベイトも効くという話しだった為、ここではビッグベイトゲームを展開。
使用したロッドはBRIST Comodo6.10XH。
標記上でも150gというヘビーウエイトまで背負える剛竿ですから、ストレスフリーでビッグベイトをフルキャストすることができます。
シーバスシーンに於いてビッグベイトを投げる際に私が良く使用するロッドです。
勿論、非常に強いロッドですが、ただ単に硬くて、強いというだけでなく、キャストの際にしっかりと曲がり、その曲がりが反発力を生み出し、6ft10inchという決して長くはないレングスでありながらも、それを感じさせないしっかりとした飛距離を稼ぎ出すことが可能なロッドです。
このポイントで最初に投げたルアーも60gのビッグベイト。
移動が功を奏し、まさかの一投目でヒット。
何度も突っ込む魚で、手前はストラクチャーだらけという状況だったのですが、Comodo6.10XHのパワーで思い切り魚を強引に浮かせ、ストラクチャーに擦られることは一切ありませんでした。
無事にキャッチした魚はヒラスズキ。
ビッグベイトでマルスズキは何度も釣ったことはありますが、ヒラスズキをビッグベイトで釣ったのは初めて。
これは本当に嬉しかったですね。
サイズこそ63cmでしたが、私にとっては非常に価値のある一本となりました。
しかも、アウェイの地でビッグベイトで出せたことに喜びを感じました。
その後、満潮下げでポイントに入り直し、立ち位置を変え、今度はいつものスタイルでシーバスを狙うことに。
ロッドもBRIST VENDAVAL 8.9Mに変えて、ミノー中心で探って行きました。
VENDAVALはCRAWLA92L+と共に私が最も良く使用するロッドです。
扱えるルアーウエイトの幅も広く、遠投性能に優れており、汎用性が高いことも魅力のロッドです。
VENDAVALを片手に上げで14cm~18cmクラスのミノーをキャストし続け、その後マルとヒラスズキを一本ずつ追加出来ました。
このポイントはブレイクまで距離があり、手前はフローティングミノーでボトムを叩く程浅く、遠投は必須でした。
VENDAVALの優れた飛距離の恩恵でしっかりとシャローの先にあるブレイクまでルアーを送り込むことができたことが釣果に結び付いたと考えています。
改めて飛距離は武器になるということを再認識させられた釣行となった気がします。
このような感じで、アウェイで、しかも大会という限られた時間の中でしたが、サイズではなく自分の中で記憶に残る価値ある一本に出逢えたことに感謝しています。
鹿児島というフィールドは実に様々なポイントが存在し、色々なシチュエーションで釣りを楽しめます。
そして、魚影も濃く、良いフィールドだなとつくづく感じています。
その鹿児島のポテンシャルを垣間見ることができた釣行になったと思えます。
また、行きたいと純粋に思える自然豊かなフィールドでした。
ヒラスズキ


Kagoshima Japan
Seabass
Angler:Toshiki Kajiwara
Rod:BRIST Comodo6.10XH 、BRIST VENDAVAL 8.9M
BRIST comodo6.10XH製品ページはこちら
BRIST comodo6.10XH記事一覧はこちら
BRIST vendaval 8.9M製品ページはこちら
BRIST vendaval 8.9M関連記事はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook