Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

今回は大阪湾のシーバスレポートです。

time 2017/10/04

気温水温共に秋めいて来ましたね。
今回は大阪湾のシーバスレポートです。

ライトタックルでどこまで通用するのか?と思いシーバスで試して来ました。
この日は潮が悪く干満差が少なかったので、少しでも流れや潮の動く場所を狙った釣行でした。
前前日の雨の影響は残っているか?
濁りはどうだろう?と思いながらポイントに入ったが、その心配を裏切るカフェオレ色。

これは頂いた。サイズは選べないが1撃で獲れるだろう。
川幅が少し狭まるポイントで流れとクロスさせてドリフトで流す。
流心のサイドには何度もルアーを持っていかれたシモリがある。が、それ以外はオープンエリア。
ルアーが自分の正面を過ぎ、下流でターンに差し掛かった瞬間「ッゴウン」っと重量感のあるバイト。
水に浸かっているラインごとフッキング。

ファーストランでは出されたが、反転流まで誘導してキャッチ。
Beams LOWER7.3Lで激流シーバスはさすがに無理があると思いますが、軽い流れくらいで有ればめちゃくちゃ楽しめたロッドでした。
本流や中流のトラウトは勿論、色んなターゲットにハマるロッドです。

Osaka Japan
Seabass
Angler:Takahiro Nomura
Rod:Beams LOWER7.3L

Beams LOWER 7.3L製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook