Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

Beams83L+はシーバスのサヨリパターンにもバッチリハマります!

time 2017/10/19

もう夜はウェアを着ないと寒くなってきましたね!!気温の低下で色々なベイトがやっと現れ始めました。
この時期になるとビックベイトやサヨリ系のルアーなど色々なルアーで釣りたくなるシーズン。海や河口や上流域、フィールド、ルアーによってロッドを使い分けて楽しんでいるんですが、最近当番率が高いBeams83L+。特に中場所~大場所で使用していますが、サヨリパターンにもバッチリハマります!

①表層系のバイトに多いパシュっと出る様なバイトにも適度に入り乗りやすいティップ。
②軽めのルアーも投げやすい。
③フッキング時には曲がるのにハリがあるのでしっかり決まる。
④ファイト時はサヨリ系ルアーによく見る小番手のフックも伸びにくい!

僕が好んでやるサヨリパターンは港内などにうじゃうじゃに溜まるサヨリパターンでは無く適度に明暗周りやシャロー帯に溜まってるエリア。
この日も明暗周りを周っていたのですが、先行者が多く下流側の橋脚のヨレ狙いで入らせてもらい釣り開始。表層には数匹サヨリが蛇行して泳いでいるのが見え、キャスト位置は橋脚のヨレより奥の位置。多分皆さんも一個のルアーを流してハイ移動!では無くアクションの微妙に違う物やレンジの違うルアー等に変え何回かキャストすると思いますが、橋脚のヨレ狙いで流す場合、僕の場合何度も橋脚際の奥ギリギリにルアーを入れるんですが、フルキャストしなくても良く飛ぶ83L+。

軽く投げても飛距離が出るという事は、そのポイントに「置く」イメージでルアーを入れることが出来るので気持ちよく一点を撃ち続けられる。写真の一本も狙った場所に撃ち、流したいコースで出た気持ちのいい一本でした!
来期デリバリー予定の機種83L+。サヨリパターンにもバッチリの一本でした!

Ishikawa Japan
Seabass
Angler:Katsuyuki Kojima
Rod:Beams 83L+proto

Beams CRAWLA 8.3L+製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook