Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

フラットエリアでヒラメとシーバスを攻略

time 2019/02/18

こんにちは、長崎の島内です。
最近は寒くなったり暖かくなったり気温がバタバタ忙しくなってる島原で、フラットエリアでのヒラメゲームとシーバスゲームを紹介します。

今回使用したロッドはBeamsCRAWLA9.2L+です。
L+と言う謎のスペックのこのロッド。
「+とは何だ??」使って体感しないとわからんスペックでした。
今回使ってみて体感した感じを僕なりに書いてみようと思います。

まず、使ってみて1番に思ったのはルアーがとにかく飛ぶ!
とにかく振り抜きが気持ちいい!でした。
自分は25gぐらいまでのバイブレーションや16cmまでのミノーを良く使うのですが、ビックリするほどほんっとにルアーがカッ飛んでいきます。
それも振りぬきが気持ちよくできるので、一投一投キャストするたびに気持ちもルンルンになりモチベーションが上がって行くロッドです。
なぜこんなに飛ぶかと言うと、キャスト時のテイクバックの時ものすごく曲がり収束が恐ろしく早いからです。
最強の飛距離が誰にでも出せると言う事ですね。
このロッドは飛距離が欲しいサーフやオープンエリアには物凄くもってこいのロッドだと思います。

肝心の感度や魚を掛けてからはどうなのか?
感度はと言いますと、大きな当たりは当然なんですが小さなショートバイトでもかなり手に伝わってくれます。
こんなに感度良くていいのか??
いやいや感度は良すぎても足りないくらい、良ければ良いほどいいものですよね!!
感度も最強!

掛けてからのファイトはどうなのか?
魚を掛けてからと言うと、ヒラメに関してはとにかくバレやすい魚!
これをバラさないためには、とにかく強烈な引きをイナしてくれるしなやかさが必要です。
このロッドは40gまでのルアーを全力で振り抜けるルアーに負けないパワーを持ってるのに、なぜか超曲がる不思議なロッドなんです。
なので座布団ヒラメの強烈な引きも超曲がってイナしてくれるので、他のロッドだったらバレていたかもしれないヒラメもキャッチ出来る事ができました。

今回釣っていたシーバスは向かい風4~7mの中、普通だったらルアーを投げるのもためらうくらいのタフコンディションでの釣行でした。
この時、海は激時化。
ウェーディングするのにはギリギリの時化具合。
釣る前からストレスを感じながらの釣行でした。

その向かい風の中でもスパーンとルアーを飛ばせるのがこのロッドの良さ!
キャストした後の収束の早さが実に体感できる釣行でした。
もし収束が悪かったらバックラッシュのカーニバルパレードだった事でしょう・・・(笑)
バックラッシュもせず向かい風に全力で投げ込めました。

ドンッと強烈なバイトと共にでてくれた70オーバーのシーバス!
これもロッドのぶん曲がりのおかげでヘッドシェイクをいなす、いなす!
実に不思議な感覚になるんです。

キャストする前はハリもあり硬い感覚すら少しあるくらいなのですが、キャスト時や魚を掛けたら激しく曲がってくれて、やりとりも超ゲーム性があり楽しくてしょうがない感覚になります。
自分はもはや完全にこのロッドの虜になってます!!
是非これ読んで興味もってもらえたら、寒さなんて吹き飛ぶような飛距離とこの不思議な感覚で魚を掛けて曲がりを体験してみて下さい!
めっちゃ楽しい感覚になりますよ!
ヒラメ
ヒラメ
シーバス
シーバス
Nagasaki(ariakesea) Japan
flounder,Seabass
angler:kiyotaka shimauchi
Rod:BeamsCRAWLA9.2L+
Reel:エクスセンスDC XG
Beams CRAWLA 9.2L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA 9.2L+関連記事はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

10/5-6 上州屋上越店・新長岡店展示受注会 10/26-27 山本釣具シーバスパーティー 11/3 キャスティングSpecialPresents SEABASSFESTA2019

Facebook