Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

北風吹く北海道のサーフでアメマスに出会う!BRIST VENDAVAL10.1Mで攻略する北のサーフゲーム。

time 2020/01/22

こんにちは。あめますダービーに参戦中の北海道AUXの霜上です。
今年こそは!という気持ちで2020年の釣り始めに島牧村へ。
歴史的な少雪となっている北海道ですが、やはり北風吹き荒れる日本海の寒さは別格。
同じマイナス気温でもキーンと張り詰めた空気がなんとも心地よく、そして冬を感じさせる。

この日はBRIST VENDAVAL10.1M(プロト)を選択。
Fishmanの長物ロッドの中では自重が軽く、感度向上が図られた設計により、遠投先での操作性も良好でキャストもしやすく、アクションもつけやすい。

車中泊をして2daysの予定だったので、正午頃からスタートフィッシング。
干潮潮止まりだった事もあり、まずは長く釣りに行けてなかった身体を馴染ませるように動作を一つ一つ確認しながらキャスト。
勝負は夕マズメだと踏み、午後は村内をランガン。

太陽が大きく傾き水平線に近くなって来た頃。
潮も大きく動くタイミングで沖のブレイクの奥でガチッ!と明確なバイト。
カレントによる抵抗もあり、これは!?もしや?という曲がりをするVENDAVAL10.1M。
そんな思いも束の間、フッとティップが戻る。
バラした!と思う…いや、こっちに向かって走っていた。
水面に垣間見えた魚体にはしっかりと斑点が!

この時点で登録サイズではない事は確定だったのですが、島牧での海アメという事でまずはキャッチしたい!
私のもとに来てくれたのは40弱の子アメマスでしたが、2年目にしてようやく聖地でのアメマスに出会えたので感無量。
アメマス
アメマス
そして魚に抵抗される事なく寄せられるポテンシャルは、FishmanロッドのDNAをVENDAVAL10.1Mもしっかりと踏襲していた。

時合を逃すものか!と写真も早々に切り上げるものの、一尾目はとても元気で砂だらけになってしまい、早く海に返してあげよう!とリリースし再度荒波に向かう。
その一投目の数秒後…。
フリーフォールから2~3回ジャークし、スイミングに切り替えたタイミングで再度ガツン!とバイト。
やはり沖で掛けた為、サイズが大きいのか?と思うベントカーブを描くVENDAVAL10.1M 。
いや。やはりサイズは変わらない。
ただ、久々のトラウトの引きはサイズ問わず興奮の極み。
オーシャントラウトはさらにトルクフルで楽しい。

今度はきれいに撮ってあげようと思い、ゴロタ石の上で綺麗な姿を残してあげる事が出来た。
アメマス
この後は陽が沈んでしまい納竿。

翌日は昼上がりだったが、頑張るもののノーバイトで終了。

聖地で出会う海アメマスは格別。
通ってしまう理由もわかる。
いつかこのバイトがモンスター級である可能性を秘めているのだ。
そんな私もまた休みがあれば行ってしまうのでしょう。

そしてBRIST VENDAVAL10.1Mは、疲労感も長物シリーズの中でも軽減したようにも感じる。
持ち重り感、振り抜きの良さ、感度の向上は釣り続ける上で今までにないくらい疲労感が軽減されたと実感した。

長い大会期間で島牧クオリティのモンスターアメマスに出会えるよう、まだまだ全力で振り続けて頑張ります!
Hokkaido Japan
White-spotted char
Rod:BRIST VENDAVAL10.1M(プロト)
Angler : Ryo Shimogami

関連ページ

BRIST VENDAVAL10.1M製品ページはこちら
BRIST VENDAVAL10.1M関連記事はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

2/22~23 トラウトアングラーズミーティング2020in宮古 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 3/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020 4/5庄内フィッシングフェスタ2020

Facebook