Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

初めてのパン鯉ゲーム

time 2020/09/23

北海道AUX霜上です。
3年前の9月、私は小さな旧河川に友人と2人で来た。

アイナメ、クロソイ、サクラマス、アメマス、ブリ、ヒラメ…どんな釣りの時も一緒に海へ向かっていた2人が、その日はなぜか「鯉って釣ってみたくない?」と淡水へと向かった。
その時のエピソードを今回はご紹介します。

初めて挑む釣りはいつだって楽しい。
どうすれば釣れるんだ?タックルは何がいい?その前にどうやって釣るんだ?と。笑
道中、道民御用達のセコマで食パンを買い、パン鯉に人生で初めて挑戦。

BRIST comodo6.10XHで11gショアゲー天秤の遊動仕掛けとBRIST VENDAVAL8.9Mにアキアジクルセイダーフロート(10gシンカー埋め込みカスタム)に青物用アシストフックの浮き釣り仕掛けで挑んでみる。
パターンの違う仕掛けで表層に浮いているパンに反応する鯉と水を吸って沈んだパンに反応する鯉のどちらも狙いに行く作戦。

準備が整ったらあとはパンをちぎって撒き、鯉が反応するのを待ちつつ仕掛けを投入する。
レングスの長いVENDAVALはナチュラルドリフトする仕掛けを容易にコントロールする事が出来、comodoは定置させた仕掛けに食い付いた鯉を瞬時にフッキングに持ち込める。
と踏んで用意したが…鯉の活性が上がるまでそこから1時間。
目の前には大小様々な鯉が悠々と泳いでいる。
1分、また1分がとても長く感じた…。

更に1時間が過ぎた頃、鯉がチラホラとを捕食し始めウキがチョンチョンと動き、その後ツツツ~っと動き出す。
止まっては浮き沈み、そして少し走る!
全く合わせるタイミングが分からない。
しばらく待ち、もうそろそろいいだろうとフッキングを入れたらバッチリ決まりファイト開始!

なかなかの大きさの鯉にベンダバールも弧を描き、右に左に走る走る!
鯉って見た目以上にパワフルだなぁ…と、ファイトしながら鯉のイメージが180度変わった。
鯉
ドラグフルロックのAbuGarcia REVO BIGSHOOTER WM50とBRIST VENDAVAL 8.9Mの組み合わせだったので難なく寄せたてきたものの…。
体高、太さ、重さ、長さ、足場の高さ…初めての鯉釣りでちょっとびっくりと焦りのサイズだったのでタモ入れ。

53cmの鯉。
黄金色ともブロンズとも表し難い色で輝いている鯉を見ながら、楽しい釣りがあるもんだ!!と感動。
鯉
と同時に、食わせるまでの粘りと、どうやって違和感なく食わせるかという、ルアーにはない難しさを痛感。
次は鯉釣りを勉強して本格的に狙ってみよう!!

そう思った3年前の9月。

あれから3年。
今年の9月、偶然にもその川の横に居を移した。
ここ最近は雨。
しかも災害級の雨量が続き河川に近づくこともできず釣りに行けていないが、徒歩数秒で行けるからにはサイズアップでリベンジ!
そして思いっきり楽しもうと思う。

【タックルデータ】
ロッド:BRIST VENDAVAL8.9M(Fishman)
リール:REVO BIGSHOOTER WM50(AbuGarcia)
ライン:ハードコアPE X4 3号(DUEL)
リーダー: ハードコアリーダー カーボナイロン 40lb (DUEL)
Lure: サーモンクルセイダーフロートM(DAIWA)、アシストフック(VANFOOK)、食パン(セイコーマート)

Hokkaido Japan
Carp
Angler:RyoShimogami

関連ページ

BRIST vendaval8.9M製品ページはこちら
BRIST vendaval8.9M関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook