Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

Lightの意味は”軽量”だけではない!ポケットに入る分のルアーだけで楽しむ”身軽”で”簡単”なLight game!

time 2019/09/18

夏から秋へと一雨ごとに涼しくなっていくこの時期。ナイトゲームに行きやすい季節ですね!私事ですが育児に追われる日々で、今年はなかなか時間の都合がつかず。ですが翌日はせっかくの休み。少し時間をもらってフィールドへ行ってきました。

まずはデイゲームから。
サビキ釣りでイワシを狙う太公望が集まる埠頭へ。この日はイワシというよりもサバがメインのようで、時折フクラギも掛かる状況。これは不意の大物への期待も高まります。使用するルアーは2~5gのメタルジグ。

ちょうど1人分スペースが空いているところにお邪魔して、Beams inte7.9ULに
・AbuGarcia REVO ALC-BF7
・Fishman proto PE0.4号
・リーダーナイロン5lb
で水深のある埠頭をハーフピッチでバーチカルにサバだけを狙う!

5~6回に1ヒットというなかなかのハイペースで楽しむウルトラライトのジギングで掛かるのは小さなサバばかりですが、これがまた楽しい!
ヒットした瞬間のinteはまさにオフショアで青物が掛かったかのようにグイッと絞り込まれ、気持ちはさながらオフショアジギング!笑

張りとしなやかさの両方がベストミックスされているinteはこの釣りにおいて、しゃくっても良し、掛けても良し。
レングスもパワーもあるので、ドラグを出したくない混雑したポイントでも無駄に走らせる事なくテンポ良く楽しむことが出来ます。
小1時間でしたがこの日はサバゲーを存分に楽しむことが出来ました!
サバ
サバ

この時、サビキに豆アジが掛かっているのを横目で確認していた私。
次の休みはアジを釣るぞ!と、勇んで出かけた次の休み。
久しぶりにアジングセットをバッグに詰め込み、ロッドなどのタックルセッティングはサバゲーと同じものでナイトゲームへ。

今年はアジがコンスタントに釣れている状況ではないので、とにかく足で稼ぐランガンスタイルでハイペースで探して歩くことに。
ルアーは実績十分のアジスタSの1gにアジマスト2インチのグロウオレンジで。

プレジャーボートが数隻係留できる小さなバースに来たとき、水面ではタナゴでもなくイワシでもない、小さな魚がザワザワ…。
まず常夜灯の切れ目にロングキャストし正体を探ります。
フォール中にスッとラインが走り、お!?これは待望の!?と、思いながら寄せてくると…小サバ!!やはり夜でも活性が高い!!
ただ、サバの群れに混じってアジが釣れていた…。
これはひょっとしたらひょっとするかも!!

魚の釣れるレンジが分かったので、ボトムに着く手前でトップガイドが震える程度のトゥイッチを入れるとコンッ!と小さな感触が手元に伝わる。
inteだと感度の良いブランクタッチのグリップなので、小さなアタリも逃さず。
水面下に現れたのは紛れもなくアジ!
小さくてもアジはアジ!
アジ
毎年釣れるわけではないので、釣れた嬉しさはサイズ以上!

タックル1つでバーチカルなメタルジグゲームからアジング、私の好きなロックフィッシュまで、汎用性のある一本。
それがBeams inte7.9UL。
これさえあれば身近なライトゲームはおおよそカバー出来ちゃいます。
何より今回ご紹介したそれぞれの釣りでは、たくさんのルアーを用意する必要がないので、お手軽に気ままに出向く事が出来るのも魅力の1つ。

軽いという意味のLight、簡単なという意味のLight。
Beams inte7.9ULでお手軽で荷物も少ない身軽で簡単なライトゲーム。
みなさんも楽しんでみませんか?
Hokkaido Japan
Japanese horse-mackerel,Blue mackerel
Rod:Beams inte7.9UL
Angler:Ryo Shimogami

関連ページ

Beams inte7.9UL記事一覧はこちら
Beams inte7.9UL製品ページはこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

10/26-27 山本釣具シーバスパーティー 11/2 キャスティングSpecialPresents SEABASSFESTA2019前夜祭 11/3 キャスティングSpecialPresents SEABASSFESTA2019 1/17-19 釣りフェスティバル2020

Facebook