Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

オフショアライトジギングで狙う,北のモンスターロックフィッシュ!!

time 2020/07/16

こんにちは。北海道AUX霜上です。
蝦夷梅雨が一休みした7月の初め。
以前から計画していたオフショアライトジギングに行ってきました。

梅雨のない北海道ですが、6月下旬から7月初旬頃には蝦夷梅雨と呼ばれる長雨が続きます。
なかなか晴れ間を見る事が出来ないのですが、釣行日は曇天だがほぼ無風で波も低くコンディションは最高。
いつもお世話になっているFSインパクトさんの野田店長が船長を務める船で出船。

メインロッドはBRIST comodo6.10XH。
使用ルアーは100gのオーソドックスなメタルジグ。水深や潮流などでこのウェイトがベストマッチ。
もう1本はBeams inte7.9UL。
これは40~50gのメタルジグ。ゆっくりとしたアクションの釣りをしようと思い用意しました。

ポイントは津軽海峡の木古内沖。
アイナメや黒ソイ、真ゾイがメインターゲット。

最初のポイントに着き、スタートはBRIST comodo6.10XH。
フォールからからヒット!
普段ショアからのライトゲームがメインの私にとって、水深40~50mでのヒットから取り込みまでのファイトは日ごろ体感することがないので大興奮。

上がってきたのはゆうに40㎝を超えるモンスター真ゾイ!!
真ソイ
この1尾で、一気に釣りたい欲が爆発!
その後も流していただいた各ポイントでフォール中や着底直後など、高活性の中オフショアを堪能しました。

ここで出番となったのがBeams inte7.9UL。
潮止まり間近で活性が下がってきた中で、ゆっくり魅せて食わせる釣りへとシフト。これが楽しくてたまらない!
ソルトライトゲームで十分体感していた『inteのしなやかだけど適度な張り』が、オフショアのバーチカルゲームでドハマり!

基本、ベリーから先は曲がっている状態だが、バイトが来るとしっかりと手元に伝わる。
そこからバットを使って合わせを入れると、一気にバットから絞り込むスリリングなファイトが始まる。

写真を見ると、ファイト中はベリーがメインの仕事をしてくれているのがわかります。

ここからモンスターロックフィッシュが抵抗をしても、バットが仕事をしてくれることが伝わるはず。
これは本当に楽しく、もう一度体感したいと強く思いました。

最後はもう一度BRIST comodo 6.10XHに持ち替え、ウスメバルを釣り上げストップフィッシング。
ウスメバル

日ごろの釣りとは違う、大海原に浮かびながら釣りをする非日常的な時間に癒された釣行となりました。
comodoのパワーだけではないFishmanらしい粘りのある強いロッド、inteのウルトラライトだけど隠れた強さを秘めたロッド。二つのロッドの潜在能力を存分に感じた。
また機会があればオフショアでの様々な釣りに挑戦してみたいです。

Hokkaido Japan
Fox jacopeber , Goldeye rockfish
Rod:BRIST comodo 6.10XH
Beams inte7.9UL
Angler:Ryo Shimogami

関連ページ

BRIST comodo6.10XH製品ページはこちら
BRIST comodo6.10XH記事一覧はこちら

Beams inte7.9UL製品ページはこちら
Beams inte7.9UL記事一覧はこちら

Fishman New item

イベント

10/19~25 上州屋長野川中島店様 2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook