Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

スーパーバーサタイルロッドBeams CRAWLA 6.6L+があればなんだって出来る!秋のロックフィッシング!

time 2019/10/10

こんにちは。北海道AUXの霜上です。
北海道はひと雨ごとに秋へ山は紅葉の盛りを迎え、そして冬への準備が始まっています。
北海道では観楓会、本州では紅葉狩りのシーズンですね。
私は最近子どもの荷物が多くなり、チャイルドシートやベビーカー等どんどん集まって来てほとんど車の中に置いてます。
釣り具を車に乗せても今までの半分ほどに。
釣り方や狙う魚種によってロッドを数本準備していきたいところなんですが難しい。

そんな時Fishmanロッドの中で使い勝手が良いのがBeams CRAWLAシリーズ。
6.6L+、8.3L+、9.2L+の3機種からなるこのシリーズ。
私の好む漁港でのロックフィッシュゲームでは6.6L+がバッチリハマります。
ウェイトも6~28gとロックフィッシュゲームで多用するウェイトをカバー。
レングスも6.6ftと往年のバーサタイルロッドに多い長さで、ボートゲームからおかっぱりまで幅広く使えます。
Fishmanのスーパーバーサタイルを冠しているのがこのロッドです。
なので、今車に乗ってるロッドはこの一本!!
かなり強気で釣りに行きます。

そんなこの日はシマゾイ狙い!
狙って釣れるくらいシマゾイの魚影が濃くなったここ最近の噴火湾。
それと同じくしてエゾメバルの魚影も濃くなって来ているので、いかに釣り分けるかが鍵となります。

比較的明るい色に反応するエゾメバルなので、シマゾイだけを狙う時はホワイトやチャート、蛍光系の色を避け、グリーンパンプキンやウォーターメロンなどダーク系カラーにハーフでチャートカラーが入っている物。
そして、フッキング率の高いジグヘッドリグよりも、オフセットフックを使うテキサスリグの方がこれだ!と思ったバイトを掛けられるので釣り分けやすいかと思います。
テキサスリグの釣りも6.6L+の得意分野。

浮いているエゾメバルの下にシマゾイやクロソイが付いている事が多いので、船道になってる部分の最深部を7gビフテキでスッと落としてボトムバンプ。
キレのあるアクションを演出するのも得意なロッドなのに、Beams譲りのしなやかさで追い食いを誘発させやすいのもこのロッドの良いところ!
力強い抑え込むようなバイトからトルクのある泳ぎでCRAWLA 6.6L+を絞り込むファイトはナイトゲームを一層楽しませてくれます!
シマゾイ
シマゾイ

アイナメ狙いにもオススメのBeams CRAWLA 6.6L+でロックフィッシングを楽しんでみてください!
Hokkaido Japan
Three striped rockfish
Rod:Beams CRAWLA 6.6L+
Angler:Ryo Shimogami

関連ページ

Beams CRAWLA6.6L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA6.6L+記事一覧はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

11/16~17 アングラパーティin薩摩川内 1/17-19 釣りフェスティバル2020 2/8-9 フィッシングショーOSAKA 2020 2/23 ほくりくフィッシングフェスタ2020 2/7-8 西日本釣り博2020 3/14-15 KEEP CAST2020

Facebook