Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

シエラの為に用意したリール『シマノ 16アルデバランBFS XG』のテスト

time 2016/12/11

関東スタッフ松岡です。
新機種デリバリーが近づく今日この頃。
ユーザーの皆様と同じように、僕もソワソワが止まらず、毎日、悶絶していますw
今回の記事は、シエラの為に用意したリール『シマノ 16アルデバランBFS XG』のテストです。
以前、シエラに新潟スタッフ西村さんのアルデバランを載せて試投した事はあるのですが、旧ULで投げた訳ではないのでリール単体の違いは分かりませんでした。
ですから、今回は僕所有の旧ULでテストしてきました。
テストのポイントは、これまで使用してきたリールと比べての性能・使用感です。

僕の旧UL。
普段は10スコーピオンXT1001をチューニングした物を載せています。
下は2gからキャスト可能な状態に仕上がっていますが、特筆すべきはメガバス社製のミノーX-55Fシングルフックチューン(2.4g)をバックハンド・フリップキャストでピン撃ちが可能な点です。
このルアー、製造ロットの関係か、仕様変更の関係か、中にウェイトが一切仕込まれていないモデルがあります。
ダート幅など目を見張るほど良い動きをするのですが、難点が飛行姿勢が悪く、とにかく飛ばないし、投げにくいんです。

スコーピオンを徹底的にチューニングした事で、このプラグのキャスタビリティは改善し、快適に扱えるようになりました。

で、今回テストの16アルデバランBFS。
付属のマグネットでブレーキの調整を行なった結果、フルノーマルでX-55Fをチューンドスコーピオンと同等の精度でキャスト可能でした‼
この結果には正直驚きました。

フルノーマルのリールが、徹底的にチューニングしたリールと同等の性能を発揮していたんですから。。。
これから、順次リリースされるであろうチューニングパーツを組み込んで、シエラに載せたらと思うとワクワクが止まりませんw

この記事を読んで、シエラが気になってしまった方も、その他の新機種が気になっている方も、今週末は上州屋渋谷東口店様に集合です‼

今期発売の新機種も既存機種も展示させて頂きます。
当日は代表・赤塚と関東スタッフ松岡が皆様をお待ちしております。
タックルセッティングなどでお悩みのかたも、この機会に是非ともご質問下さい^

Tokyo Japan
Angler:takashi matsuoka
Rod:Beams5.0UL

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook