Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

【4度目のソロモン諸島釣行!】魚の楽園でcomodo6.10XHと共に遊ぶ!

time 2018/11/12

GT
こんにちは豪州テスターの龍です。今回4度目、自分のお気に入りのソロモン諸島に海外遠征に行ってきました。オーストラリアのグレートバリアリーフで同じような釣りをすると金額が2倍以上掛かるので、自分はブリスベンから3時間半で行けるソロモン諸島へ行くのが最近のお気に入り。

そこで自分のお気に入りの釣りは、シャローフラットエリアのトップウォーターゲーム。こんな浅場にこのサイズがいるの???といつも驚かされるこの釣りは飽きること無く投げ続けられる最高の釣り🤙それをコモドで快適にストレス無く出来るので時間を忘れ何時間も投げていました👍浅場の激しいリーフエリアなのでもちろん止める事が出来ない魚も多いですが、ボートの位置、リーフの形状をしっかり見て、ルアーを引くラインを狙うピンポイントキャストはフィッシュマンロッドの得意分野。ロッドの操作性、アクションが凄くやりやすいコモドはこの釣りにピッタリ。何でもかんでも遠投してトップを引いてくるだけだと必ずリーフでラインブレイクする可能性が上がるので毎投しっかり狙って投げるとキャッチ率もドンと上がります。色んなエリアで使えるコモドはボートゲームでジギングからキャスティングまで使える究極の相棒です。

そして今回の淡水域はソルトと変わってなかなかのタフコンディションでした。数週間に渡る大雨で普段は2m位ある川の水深も砂が上流域から大量に流れ、1m無いくらいまで浅くなり水も濁りが多く前回とは打って変わっての状況でした。そこで今回は新しいエリアの開拓も含め新たに2河川探検しましたが残念ながら狙いのスポットテールバスは掛けることは出来ませんでした。今回も多くのテッポウオ、ホシマダラハゼ数匹と初めての魚種、淡水のハタがトップとスピナべで釣れ、かなり癒しの釣りとなりました。
前回のソロモン釣行で初めてスポットテールを追っかけた釣行動画をyoutubeにアップしましたのでお時間ある時に見てください👍

世界中でFISHMAN🤙

GT

カスミアジ

バラフエダイ

ソロモン諸島の淡水魚

ソロモン諸島の淡水魚

ソロモン諸島の海

Solomon Islands
Giant trevally、Bluefin trevally、Two-spot red snapper、etc,,,
Angler:RYU
Rod:BRISTcomodo6.10XH

BRIST comodo6.10XH製品ページはこちら
BRIST comodo6.10XH記事一覧はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook