Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

サーフ番手テスト!

time 2017/12/29

【サーフ番手テスト!】
西村です。テストを継続している、サーフ用のロングロッド、
BRIST106M。

『ハイパー長距離砲』と呼んでいるこのロッドは、
高浪の波頭をそのレングスで回避しつつ、
ベンダバールより更に遠くまで、
がメインコンセプト。

サーフで多用するメタルルアー、大きめなミノー、
ヘビーシンペン、はたまたビッグベイトまで?
多種多様なウェイトを快適に遠投する、
だけではなく、そのルアーの操作をよりリニアに、
を目指して開発しています。

40gくらいのメタルジグ、1oz鉄板バイブをしゃくる時、
スパッ!スパッ!と軽快にスキッドさせるには、
かなりの張りが必要です。

また重心移動のミノーをパキーン!と撃つには、
しっかりとテイクバックで曲がる事も大事。
張りと曲がりの同居と言う、中々難しい開発ですが、
季節風で荒れた日本海に向かってのフルキャストで、
がっちりテストを重ねております。

早ければ新春には、プロトはサードステージへ。
そうなれば、春のショアジギングでのテストへ移行ですね。
ところで今年の新潟は、中々サーフの釣果が出ません。
そんな中で、1日飽きずに投げ続けるには、
浜の散歩なんかも楽しんでおります。

強風で荒れた翌日などは、
カニやタコブネ、はたまた色んな漂着物が落ちていて、
それを探すのもまたフィールドワークの一環です。
足腰を鍛えたり、潮流に影響を与える砂浜の形状を見つけたり。
釣れない釣りも、たまには気休めと言う事で!

Niigata Japan
Testcasting
Rod: BRIST106M Proto
Angler: Hitoshi Nishimura

BRIST MARINO10.6MH製品ページはこちら
BRIST MARINO10.6MH関連記事はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook