Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

初冬のボートシーバス!

time 2020/12/25

みなさんこんにちは、茨城の鈴木です(^^)
今日は冬のボートシーバスゲームについてのお話です。

コノシロパターンもほぼ終わり、イワシパターンへ移行し始めた気難しい時季。
一縷の望みを抱き、ビッグベイトをキャストするも、ほぼ無反応。
心が折れてイワシに着いたシーバスを狙うと入れ食い状態になるものの、とにかくサイズが伸びない。
MAX50cmクラスの数釣りに。
いたるところでボイルが始まる興奮する展開で、これはこれで楽しいのですが、飽きてくるともっと良いサイズが釣りたくなってしまうのが釣り人の性(笑)
 
 
一通りルアーを試している時に釣れたシーバスの口からカタクチイワシではなく大きなマイワシが出て来ました。 
なので、15cmクラスの太めのミノーでボイル撃ちをしてみることに。
 
すると、1投目で強烈なバイトが! 
CRAWLA 6.6L+を思いきりブチ曲げ、リールからラインを引きずり出す元気なシーバス。
シーバス
「これこれ!こういうファイトがしたかったんだよ♪」
 
バーブレスフックということもあり、あまりエラ洗いをさせぬよう慎重にファイトした末に上がって来たのは、ランカーには届かないもののマイワシをたらふく食べてウェイトの乗ったナイスバディなシーバス(^-^)♪
 
 
この1匹を釣り上げた直後、ボイルが無くなりまた小型の数釣りに突入したので、バイブレーションを投げていた同行者達とは少し違う釣り方を試すことに。
29gのシンキングペンシルを2回ジャークした後フォールさせる。
 
すると、先程よりは小さいものの、再び良型が出現☆
シーバス
数が釣れている釣り方からあえて外してみると良型が反応する。
そんな展開でした(^_^)
 
 
今回のように様々なルアーや釣り方を駆使してパターンを模索する釣りには、6.6L+のような幅広いルアーに対応したバーサタイルロッドが必要不可欠です。
ボートシーバスへ行くならBeams CRAWLA 6.6L+はとても心強い相棒として活躍してくれますよ(^_^)
シーバス
 
 
今回はなかなか寒い季節ではありますが、あえてFishmanのシェルジャケットを着て行きました。

商品詳細はこちら→https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152506744
『防風性と撥水性を備えたポリエステルシェル素材のシェルジャケット』の謳い文句に恥じぬ性能で、中に適切なインナーを着てしまえば12月の釣りで水しぶきを被る状況下でも割と普通に過ごすことが出来ました。
 
 
【使用タックル】
Fishman / Beams CRAWLA 6.6L+
SHIMANO / エクスセンスDC
山豊テグス / PEレジンシェラー1.5号
山豊テグス /フロロショックリーダー 25lb
Megabass / KAGELOU 155F
Megabass / GENMA110S(29g)
Fishman / シェルジャケット
 
フィールド:東京
魚種:シーバス
アングラー:鈴木貴文

関連ページ

Beams CRAWLA6.6L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA6.6L+記事一覧はこちら

イベント

次回イベントをお待ちください。

Facebook