Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

ハイシーズン到来!今時期のターゲットと使用ロッドについて。

time 2020/10/01

季節が移り変わり、様々な魚がハイシーズンを迎えるこの季節。
狙える魚種が豊富だと、ついつい目移りしてしまいますね♪
今回は今の時季に狙える魚と、使うロッドについてお話したいと思います。

まずはシーバス。
大型の魚を追い求めるこの時季のシーバス釣りに使うロッド。
それはBRIST VENDAVAL 8.9Mです。
シーバス
広範囲を探るのに適した飛距離を出せる遠投性能。
軽いルアーから思いルアーまで幅広くキャスト出来る汎用性。
そして流れに乗った魚の強い引きにも負けない強靭なロッドパワー。
これらを兼ね備えているため、広範囲を回遊して様々なベイトを捕食しているランカーシーバスを狙うのにピッタリです。
シーバス
自分は秋のシーバス狙いにはVENDAVAL 8.9Mの出番が圧倒的に多くなります。

次に回遊魚。
私が釣りをするエリアは大型の青物は滅多に釣れません。60cm程の魚がメインになります。
青魚
正直サイズこそあまり出ませんが、同じポイントで複数の魚種が狙えます。
イナダ、カンパチ、サワラ、シーバス、ヒラメ、マゴチ、タチウオなど、魅力的な魚種が狙えます。
そこで使うのがBRIST VENDAVAL 10.1M。
遠投性能が非常に高いため、遠くのナブラ撃ちにも適しています。
メタルジグ・ワーム・プラグと、様々なルアーを扱える汎用性の高さと、不意の大物が掛かっても安心なパワー。
10フィートというロッドの長さを活かして手前の障害物も回避しやすく、太めのラインでも飛距離が落ちにくいベイトタックルならではの優位性も際立ちます。

そして、タチウオ狙いの釣り。
自分はBeams CRAWLA 8.3L+を愛用しています。
タチウオ
ワームを用いたワインドでタチウオを狙う際に特に必要となってくるのは、ロッドの操作性と、強過ぎず弱過ぎないティップの張り具合。
8.3L+の少し短めのグリップと、CRAWLAシリーズに共通する絶妙な張り具合と感度がタチウオ狙いの釣りにも使いやすいですね(^_^)
クラッチ操作1つでラインが出せるという、ベイトタックルならではのラインの出し入れの自由度が高さを活かせばラインスラックを自在に操る事が容易に出来ます。
ぜひベイトタックルでチャレンジして頂きたい釣りです♪

様々な魚種が狙える秋。
ベイトタックルを駆使して思う存分釣りを楽しんでみて下さい♪

【タックルデータ】
Fishman / BRIST VENDAVAL 8.9M
     BRIST VENDAVAL 10.1M
Beams CRAWLA 8.3L+
SHIMANO / アンタレス DCMD XG
DAIWA / キャタリナTW100SH
モアザンPE TW
山豊テグス / PEレジンシェラー2.0号・1.5号
山豊テグス /フロロショックリーダー7号・6号

Ibaraki Japan
Fukushima Japan
Sea bass , Yellowtail , Cutlass fish
Angler:TakafumiSuzuki

Fishman New item

イベント

2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook