Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

三夜に渡る怒涛のラッシュ 1日目

time 2020/03/03

こんにちは、高知AUXの高木です!
本来オフシーズンと言われるこの時期に記憶に残る劇的な釣りが出来たので、今回から4回に渡って書かせていただきます。

年始から本格的にアカメを狙い始め、少しずつヒットパターンが見えてきた。
アカメはブラックバスやシーバスのように多彩な狙い方が出来る魚。
ミノーや、クランク、バイブレーション。
ワームや、スイムベイト、ビッグベイトまで、様々なルアーで楽しむことが出来る素晴らしいゲームフィッシュ。
それだけ多様な食性を持つ故に難しく、面白い。

通年、私がメインに狙う魚はボラやコノシロを中心とした大型のベイトを意識した魚。
使うルアーは2~4ozオーバーのビッグベイト。
ロッドは勿論、BRIST comodo6.10XH。

2月下旬の浦戸湾。
今年は季節の進行が早く、湾内はすでに稚鮎やハクなどのマイクロベイトパターンで大盛り上がり!
マイクロやバチを意識したスモールプラグを投げれば、シーバスの数釣りを楽しめる状況。
しかし、私が欲しいのはビッグワン!ただそれのみ!

経験を元に、マイクロベイトの影に隠れたイナ、コノシロなどの大型ベイトを探す。
雨後のシャローエリア、隣接したブレイクにここに集まるイナを意識したアカメの回遊がある。
数日前、大型のアカメをヒットさせるものの不覚にもバラシ。

杭や、橋脚、牡蠣殻まみれの護岸など障害物だらけの浦戸湾。
絶対に魚に主導権を渡したくない場面がある!
しかし、強引なやり取りはタックルの一番貧弱な部分を容赦なく破壊していく…。
今回の場合、ルアーの浮力を重視してMHクラスを使用したフックが悲鳴を上げた。
反省を活かしてフックの線径を太いものに変え、リーダーも強化して挑んだ釣行。

前回釣行以降、晴天続きで魚のポジションは変化しているだろうと河川中流域でベイトを探す。

エントリーした下げのタイミングでベイトが落ち出した…。
ベイトが捕食者に追われ、にわかに騒つく水面!チャンス!
ビッグベイトをややアップにキャストし、ラインメンディングを駆使してターゲットの目の前に送り込む。
一投目!ミスバイト!水柱が上がり、4ozクラスのルアーが宙を舞う!
しまった!!
まだフックには触れていない。
これだけ好活性ならまだチャンスはあるはず。

しかし…そこからが長かった。
ベイトが差し掛かるたびに水面に捕食者をおもわせる波紋。
そこに確実にターゲットは居る。
なのに一向にルアーに反応してくれない。
手持ちのルアーをある限りローテーションして執拗に攻める。
一際強い流れが出た瞬間、一度反応したルアーに再度付け替えタイミングを図って再度アプローチ。
ドンッと言う衝撃と共に今度は重さが乗った。

ここからがまた問題…。
橋脚際でかけた相手は強力で、派手なエラ洗いを繰り返す。
このまま走らせてはいけない。
強化したタックルを信じて、無理をしてでも寄せ切る!!
結果、数分に満たない程ではあったが強烈なファイトを制し、ランディング。

ボガをかけ、勝ちを確信した瞬間。
手元でエラ洗い!!怖っ!
ボガを持つ手を振り切り、スプリングコードを伸ばしながら沖にダッシュ。
体がよろめく程の力。これが危険。
ファイト時間が短かったこともあり、こうなる事も予測して覚悟していたため対処出来たがちょっとヒヤリとした。
すぐさまストリンガーに掛けて、相手を落ち着かせると共に自分の安全を確保。笑
釣り上げた魚はメーターオーバーのアカメ。
アカメ

背中の筋肉が大きく張り出した厳つい個体。
アカメ
自分のスタイルを押し通し、キープキャストが功を奏した一匹。本当に嬉しい!
しかしこれだけでは終わらなかった。
Kochi Japan
JapaneseLates
Rod:BRIST comodo6.10XH
Angler:KyoTakagi

関連ページ

BRIST comodo6.10XH製品ページはこちら
BRIST comodo6.10XH記事一覧はこちら

ナマズ

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

4/12 トビヌケ植田店様 受注試投会 4/26 上州屋安城店様 展示受注会

Facebook